突然の米朝会談合意でわかった、金正恩の驚くべき「現状認識力」

これからの北朝鮮政策の話をしよう
篠田 英朗 プロフィール

アメリカの第一の国益は、北朝鮮によるアメリカ本土攻撃能力の保持を防ぐことにある。

アメリカが、北東アジアの安全保障を軽視しているわけではないだろうが、本土攻撃能力の脅威の除去を最優先に考えることは、当然だ。

アメリカが北東アジアに巨大な軍事プレゼンスを持つ特別な国であるという事実に過度に甘えて、アメリカは自国の国益の確保を図ってはいけない、など主張するのは、愚の骨頂である。

 

日本は、自国の安全保障政策を、アメリカに依存する形で維持している。アメリカが、自国の本土攻撃能力を持つ以前の北朝鮮と、交渉を始めることを、止めてはならない。

北朝鮮が、現時点で核開発を止めると言っていることは、良いことである。それは共通理解にするべきだ。

ただ日本が行うべきなのは、北朝鮮への譲歩は北東アジアの安全保障環境の動揺を招き、結局はアメリカの国益も阻害することについても、アメリカと共通理解を持っておくことであろう。

両国が、言葉の真の意味での「非核化」を、引き続き共通の目標にし続けるということだ。

〔PHOTO〕gettyimages

韓国の第一の国益は、自国を戦場にした全面戦争が発生する危険性を除去することである。

韓国が主権国家として、全面戦争回避を最優先に考えることは、当然だ。したがって韓国が、北朝鮮との交渉にあたって最前線の窓口役を引きうけるのも自然である。日本は、それを止めてはいけない。

ただ日本が行うべきなのは、確証なき核放棄の言質への信頼は、韓国が忌避する半島全域の全面戦争の回避のためにも望ましいことではない、という点について、韓国と共通理解を持っておくことであろう。

やはり「非核化」が共通の目標であることを、繰り返し確認しなければならない、ということである。

中国やロシアに対しては、引き続き、従来の「影響圏」の変更などを米・日・韓は求めていないことを明らかにしつつ、朝鮮半島の非核化が共通利益であり、それに向かって国際社会の共同歩調が成果をあげつつあることを、強調していくべきだろう。