# AD special

「まだ俺はこんなもんじゃねえ」竹原ピストルの不屈の精神と仕事観

行動が「答え」を出してくれる

――どういう風に曲を作っていったんでしょうか。

竹原 「お仕事をテーマに曲を作ってください」っていうリクエストをいただいたんですね。でも、自分の感情や体重がちゃんと乗りやすい歌じゃないと説得力がなくなっちゃう気がしたんです。

だから、何曲か提出したけど、全部が歌うたいの歌だった。自分が知ってる景色の方が気持ちをぎゅっと込めやすいから。で、ああいう歌ができたんです。

――「仕事をテーマに」と言われて、まず自分の現場をイメージした。

竹原 そうですね。だって、世の中に仕事なんて数え切れないくらいあるし、その仕事に取り組んでる人の気持ちもそれぞれじゃないですか。そういう万人を納得させる曲を作れるスキルは僕にはないんです。

たとえば「世界が平和だったらいいな」って僕は思ってるんですけど、「世界が平和でありますように」って歌っても何だかふわふわして、逆にわかりにくいんじゃないかなって。

それだったら、個人名あげて「誰々くんよ、俺たちは仲良しでいようぜ」って言った方が、ピースが伝えられる気がする。それと同じことで、自分にはこういうことしか言えないんですよね。

――それでも、西川監督が撮影した伊藤忠商事のCMを実際に見ると、「俺たちはまた旅に出た」は竹原さんだけでなく、それぞれの仕事の現場を持ったいろんな人に当てはまるような曲になっていると思います。完成形を見てどう思いましたか?

竹原 そこはやっぱり意識しているんです。多くの人に歌に込めた気持ちをわかってもらうために、個人的な気持ちを描写しているから。たとえ個人的な情景であってもきっと伝わるだろうと。(完成した伊藤忠商事のCMを)初めて見たときはホラねと、バッチリだと思いました。

僕が好きなCMのシーンが、車の中でみんなでパンをかじりながらちょっとした作戦会議をするところなんです。

お客さんの満足のためや、自分が暮らしてくために、あの手この手を尽くす。必死になって全力以上のものを出すというのは、全職業で共通のことなんじゃないかなって思っていたので。だから、きっと伝わるだろうと思ってました。

同じ道を歩み始めた人がいる

――新作アルバムの『GOOD LUCK TRACK』に収録された「どーん!とやってこい、ダイスケ!」も、同じく伊藤忠商事のCMソングとなっています。この曲はどういう風に生まれたんでしょうか。

竹原 ざっくばらんに話しますと、最初にCM制作にまつわるスタッフ会議があったんです。西川監督もいらっしゃって。それで「CMソングは『俺たちはまた旅に出た』で行きましょう」ということになった。

その場で、ちょっと失念しましたが、会議の終盤でスタッフのどなたかが「もうちょっと軽く手拍子できる曲があってもいいかなと思いましたけどね」ってぽつんと言ったんです。それで「やってやろうじゃねえか!」って思いまして(笑)。

――なるほど。

竹原 それで、手拍子ができるようなリズミカルな曲にしたんです。やっぱり書いているのは自分が見てきた景色ですね。ダイスケって、モデルになってる歌うたいがいるくらい生々しい描写ではあるんで。

――この歌に描かれている「ダイスケ」のモデルは、実在する人物なんですか?

竹原 いますね。

――どういう人なんでしょう?

編集部からのお知らせ!