日産新型リーフが、来たるEV時代の「新たなスタンダード」になる

面倒な駐車も、自動でできて当たり前

ハンドルがひとりでにグルグル

電気自動車ならではのキビキビとレスポンスの良い走りを楽しめる一方で、新型リーフは運転を「楽」にしてくれる機能が充実している。

中でも目玉は「プロパイロット パーキング」国産車としては初めて搭載される機能で、多くのドライバーが苦手とする「駐車」を、なんと自動で行ってくれるというものだ。

使い方は、いたって簡単。「プロパイロット パーキングスイッチ」を押した後、駐車したい場所のそばに停車。すると、駐車可能なスペースをクルマが自動で検知し、ナビ画面上に表示する。

さらにスイッチを押し続けると、クルマが自動でステアリングやアクセル、ブレーキを操作し、駐車が完了すればパーキングレンジにシフトチェンジまでしてくれるのだ。

「お客様にアンケートを取ると、運転していて最も煩わしいと感じるシーンは『駐車』という回答が圧倒的に多いんです。ベテランドライバーでも、前後左右を慎重に確認し、他のクルマが近づいてくる中で何度も切り返しを行う駐車は緊張するもの。『プロパイロット パーキング』で、そんな面倒な作業からドライバーを解放したかいと考えました」(磯部氏)

実際に使ってみると、ハンドルがひとりでにグルグルと回りはじめ、切り返しまで自動でこなす。見えない誰かが運転しているようで、なんだか不思議な安心感さえある。

この「プロパイロット パーキング」は、一般的な駐車場での並列駐車のみならず、前向き駐車や縦列駐車にも対応可能だ。

「開発にあたっては、薄暗くて柱がたくさん立っている地下駐車場や、狭い縦列のパーキングスペースなど、あえて難しそうな駐車場を選んではリーフで出かけ、失敗したらソフトウェアを修正して、というふうに1年以上実験を繰り返しました。その甲斐あって、全国ほとんどの駐車場に対応できる機能に仕上がりました」(磯部氏)

ガソリン車との最大の違いは「速さ」

日産車ではいまや「おなじみ」とも言える、運転支援技術「プロパイロット」も、もちろん用意されている。前方車両や道路の白線を認識し、高速道路の同一車線内であればアクセルやブレーキ、さらにカーブでのステアリング操作まで自動で補ってくれるという機能だ。

これまで「プロパイロット」は同社のセレナ、エクストレイルに搭載されてきたが、リーフのものはひと味違う。

「リーフは電気自動車ですから、『プロパイロット』のレスポンスが非常に速いんです。

ガソリン車の場合、例えば『前方の車がスピードを上げたので、加速せよ』という命令が出たあと、エンジン内部で燃料を噴き出して爆発させるプロセスがありますから、わずかにタイムラグが生じます。

しかし、EVなら1万分の1秒単位で制御されているので、指示が出ればすぐにモーターがトルクを出し、加速できる。ガソリン車よりもEVのほうが、こうした自動運転技術との相性は良いと言えるでしょうね」(磯部氏)

高速道路で「プロパイロット」をオンにすると、前方の車が加速するのに合わせて、リーフは吸い寄せられるようにスピードを上げ、前車が速度を落とせば、反発するように自然と減速する。

あたかも前方車両との間に「磁力」が働いているような錯覚を覚えるほどで、その追従性の高さを実感できる。