Photo by iStock

R-1優勝「盲目の漫談家」濱田祐太郎がこれから切り開いていくもの

タブーなんてないんだってことを

石橋貴明の重いひとこと

3月2日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』にとんねるずの石橋貴明が出演していた。

番組内で石橋は「もしお笑いコンテストの審査員をやるとしたら?」という話題を投げかけられて、「絶対やらない」ときっぱり断言した。そもそも笑いは点数をつけるものではないし、自分には他人の審査をする技量もない、と説明した。

石橋に限らず、お笑いコンテストの審査員を務めることを頑なに拒否する芸人は多い。ビートたけしも明石家さんまもたびたびそう公言している。プロの芸人で審査員の仕事を「喜んで引き受ける」というタイプの人はほとんどいないのではないかと思われる。

にもかかわらず、芸人が芸人を審査するシステムが今でも生き残っているのは、それが見る側(視聴者)にとっては格別に面白いからだ。芸人が、自身の芸人生命を懸けた重い責任を負って他人のネタを評価して、点数をつける。

このシステムのもとでは、ネタを演じる側の芸人だけではなく、それを見て審査する側の芸人もまた、見る者によってそのセンスを問われ、審査される立場にある。「審査」という営みからかもし出される緊張感が、お笑いコンテストにドキュメンタリー性をもたらすことになった。

 

笑いの権威「松本人志」

「芸人が芸人を審査すること」がエンターテインメントになったのは、2001年に始まった『M-1グランプリ』がきっかけだろう。このコンテストの売りは、お笑い界の絶対的な権威の1人であるダウンタウンの松本人志を審査員として引っ張り出したことにあった。

『M-1グランプリ』では、どの芸人が優勝するのかと同じくらい、松本がどの芸人を高く評価するのかということが毎年話題になっている。松本にさえ認められれば、たとえ優勝を逃したとしても、その芸人の業界内での地位は一気に高まる。誰もが認める笑いの権威である松本が審査員席に座るというのは、それだけ画期的なことだった。

そして、いまや主要なお笑いコンテストのほとんどに松本が携わっている。『M-1グランプリ』『キングオブコント』では審査員を務め、昨年末に開催された『女芸人No.1決定戦 THE W』では副音声解説を担当した。

大喜利番組『IPPONグランプリ』でもチェアマンとして解説をしている。いわば、現在の松本は「審査する笑い」そのものを司っている存在なのだ。