5年後の浜辺 第1回:復活した「いのち」

復旧事業は生態系をどう変えたか
永幡 嘉之 プロフィール

植物は本来の姿に戻った

仙台平野の砂丘に連なる海岸のマツ林は、江戸時代末期から、風による砂の飛散を防ぐため造林によって人工的につくられた記録が残っている。人間によってクロマツとアカマツが植えられる以前には、そこは海岸砂丘のいわゆる後背地であり、草原から広葉樹の低木林へと続いていて、場所によっては湿地が広がっていた。

黒々と茂るマツ類の人工林のなかにも、本来の海岸にみられた植物は、断片的には残っていた。しかし、マツに遮られて生長に十分な光を受けることができないため、数は大きく減っていた。

ところが、津波とその後の塩害によって、マツ類が枯れたことで、地面にまで光が届くようになった。そのため、本来の木々が一斉に生長を始め、土中に眠っていた種子も発芽した。

津波跡で咲きはじめた花の顔ぶれを、季節を追ってつなぎ合わせることで、マツ類が植林される以前の、本来の海岸の自然環境を描き出してみよう。

(8)倒れた幹から花を咲かせたヤマザクラ(宮城県岩沼市 2013年4月

芽吹きから新緑まで

津波から1年後の、そして2年後の春。木々の芽吹きにあわせて、一斉に開花したのはサクラ類。仙台平野の海岸には、淡い桃色をしたヤマザクラ(8)と、白いカスミザクラとが見られた。

いずれも非常に数が多く、人間によってクロマツが植えられる以前の海岸では、サクラ類が低木林の主要樹種だったことを示していた。

芽吹きの森は、新芽のさまざまな色に包まれていた。多くは生長とともに、数日で単調な緑色になってしまうが、新芽が伸びゆくわずか数日の間だけ、赤、橙、黄緑、それに早緑(さみどり)と、林にはさまざまな色が息づく。

林が緑色に染まると、今度はさまざまな花の色が空間を彩る。

津波から初めて迎えた5月の連休を過ぎると、ズミの白い花(9)が点々と咲き、レンゲツツジの朱が彩りを添えた(10)。ともにやや湿った場所を好み、この浜が本来の海岸湿地であった時代には、たくさん生えていたであろう低木だ。

砂地が剥き出しになった地表は、ハマエンドウに覆われて、紫の絨毯になっていた(11)。淡いフジの花も咲き競っていた(12)。鮮やかな黄色の花をつけるセンダイハギも、本来の海岸草原に生えていた植物の名残りだ(13)。

(9)海岸林が湿地だった頃の名残り、ズミの花(岩沼市 2013年5月)
(10)    クロマツの倒木の下に咲いたレンゲツツジ(岩沼市 2013年5月)
(11)海岸林を埋め尽くしたハマエンドウの花(仙台市 2013年5月)
(12)巻きついていた木とともに倒れても花を咲かせるフジ(岩沼市 2013年5月)
(13)海岸近くの河川堤防に残っていたセンダイハギ(名取市 2013年5月)