平昌五輪・北朝鮮の「日本人へのラフプレー」を韓国人はこう見た

もしどちらかが大怪我を負っていたら…
崔 碩栄 プロフィール

韓国が日本批判に回るのは必至

レースの結果を見て、私は大きく胸を撫でおろした。安堵した理由は、まず大きな事故とならずにレースが終了したこと。怪我を恐れずに(としかとれない勢いで)相手の進路に手を伸ばし、相手に向けて鋭くスケートのブレードを突き付けたが、本当に運のよいことに軽い接触で終わった。

そして、進路妨害をした北朝鮮選手は失格になったが、進路妨害をされた渡辺選手が無事に予選を通過することができたこと。万が一、接触が理由で渡辺選手が大怪我でもして次の試合に出場できなかったらどうなっていたかを想像してみて欲しい。これが安堵した理由だ。

今回のプレーについて、日本でも北朝鮮選手に対する非難の声は上がっているが、渡辺選手が負傷せずに、予選を通過したからからこの程度で済んでいるのではないか。万が一ここで脱落することになっていたら、現状とは比較することもできないほどの怒りの声が上がっていたに違いない。そうなっていれば、レースを見た日本人の北朝鮮に対するイメージは益々悪化していただろう。

そして日本のインターネット上では北朝鮮が何かの問題を起こしたら、北朝鮮と同じ民族である韓国まで同一視して非難するコメントが登場することがある。韓国の過去のラフプレーに言及しながら、韓国とは関係ない事件に対しても同じ「民族」として非難するのである。

そんな非難が出てくれば次に何が起こるか。韓国のインターネット報道、そしてネットユーザーたちの中には、日本の掲示板やSNSから嫌韓発言をピックアップして紹介することでクリック数を稼いでいるものがある。これが元々は大して関心を持っていなかった韓国人の心理に火を点ける役割をするというのは最近よくあるパターンだ。

 

そこで、韓国を批判する日本のネットの書き込みを目にした韓国人はどう反応するだろうか? 違反をしたのは韓国人ではなく北朝鮮人だと、韓国に対する非難を止めるように求めるだろうか? それとも、日本と一緒に北朝鮮の適切でないプレーを非難するだろうか?

そのいずれでもなく、韓国は日本を批判するだろう。これが私の考えだ。

韓国人は民族主義が強く根付いた国だ。同じ民族が他国と対立することになれば、まずは同じ民族を擁護し応援する傾向がある。そして、その相手方が日本であった場合には猶更この傾向が強く出るのだ。