AV女優になるため整形。風俗から抜け出せない「元女子大生の現実」

地味なタイプの女の子がなぜ?
中村 淳彦 プロフィール

毎月振り込まれる奨学金は6万円。大学の授業が終わった後の時間は、コンビニでのアルバイトに当てたが、給料は月4万円にしかならなかった。宇野さんの通っていた大学では、半年ごとに約60万円の授業料を納入しなければならない。

親からの援助もなく、奨学金とコンビニのアルバイトだけではどう考えてもお金が足りなかった。貯金をしたくても交通費や食費、交際費だけで、奨学金分の6万円はなくなってしまう。

「夏休みにいくらなんでも生活できないと思って、携帯でアルバイトを探していた時に偶然、風俗の求人を見た。

地味な私には無縁の世界と思っていたけど、大学生を続けるためにはそんなことを言っていられない。もう、やるしかないと決めた。求人サイトの一番上に載っていたファッションヘルスに連絡し、嫌だったけど、店に言われた通りサービスした。週4、5日くらい出勤して、稼げるのは1日2~3万円くらい。月50万円くらいは稼いでいたと思う」。

Photo by iStock

宇野さんの通っていた学校は、裕福な家庭の女子が多い文系の大学で、まわりにもお金持ちが多かった。お金を持つようになって同級生とのランチや合コン、女子会みたいなイベントにも積極的に参加できるようになり、友達も増えた。風俗店にはほぼ毎日出勤していたが、自分が風俗嬢だということを大学の友人には話していない。

「風俗嬢をはじめてから、お金遣いが荒くなった。あまり深く考えないで、欲しいものを買いたいだけ買った。洋服とかアクセサリーとか、一回の買い物で10万円くらい使ったりする。

お金を稼ぐようになっても奨学金はそのまま借り続けた。お金の心配がなくなったから、借りていることも返済も具体的に考えなくてよくなった。

でも風俗の仕事にストレスを抱えるようになった。あの仕事はストレスがヤバイ。知らない男性に性的サービスをするのが嫌で、本心いえば、一切触らないで欲しい。風俗の仕事は嫌。嫌だけど、稼げるから仕方ないかなって。そんな感じ」

 

私立大学の学費は、文系学部の場合で初年度平均が約114万円、4年間で385万円だ。理系学部だともっと費用がかかり、初年度平均で150万円、4年間の合計だと521万円も支払わなくてはならない。

親からの援助が一切ない子供が、奨学金とアルバイトだけで支払える額ではない。そんな高額学費の自己負担がキッカケとなって、男女問わず、夜の世界に足を踏み入れる学生は後を絶たない。

なおかつ夜の繁華街は刺激の多い世界だ。学費のため、学生生活の維持のためという初心を忘れずに自己管理できる学生は一部であり、夜の世界に足を踏み入れた若者は少なからずそれまで歩んできた道から外れていく。

宇野さんも風俗嬢として働くことが日常となった。授業が終わると、繁華街に出勤して性的サービスしてお金をもらう、それを繰り返した。知らない男性相手の性的行為に嫌悪感があっても、それに代わるような仕事はない。辞めれば退学を余儀なくされる。

見知らぬ男性客から受ける性的行為のストレスを買い物で発散しているうち、生活はどんどん派手になった。気が付けば高コスト体質になっていた。最初は学費の支払いという目的だったけど、生活レベルをキープするためにはもっと稼がなければならないと思うようになった。

ストレスだらけでも、お金のためと割り切って始めた性的行為も続ければその嫌悪感にすらだんだんと慣れてくる。そうして風俗から抜けられなくなっていた。

風俗は、店によって条件が変わる。風俗嬢同士で毎日のようにお金の話をするようになり、スカウトされれば立ち止まって話を聞き、高収入系の求人広告を毎日眺めた。現在より稼げそうな店を見つけては移った。大学時代に様々なデリヘル、SMクラブ、店舗型ヘルス、キャバクラと風俗業界を転々としている。

「ストレスは溜まるけど、風俗と出会えてよかった。昼の仕事ではここまでのお金を稼ぐのは無理だし、カラダを売ればお金が稼げるってことを知れたのはラッキーだった。だから、風俗には前向きです。私、風俗がなかったら生きてこれなかったから」

離職して出稼ぎの風俗嬢に

3年前の取材時、ここまでの話を聞いている。「授業は真面目に受けている。もうすぐ就職活動をはじめるから。給料がいい金融系に就職したい」と言っていたが、彼女は現在、無職である。

「4年生まで学費を払わなきゃいけないから、就活中も風俗を辞めるどころか出勤を減らすことすらできなくて、途中で就活がどうでもよくなっちゃった。大学の紹介で病院に就職したけど、月給は手取りで16万円。卒業後すぐに奨学金の返済も始まって全然お金が足りない、生活できないって思った。だから病院は半年で辞めちゃいました」。

奨学金の返済は月3万円、大学時代にはじまった買い物癖もやめられなかった。就職してからも姉の家に居候をしていたため家賃こそかからなかったが、病院の事務職員は昇給もキャリアパスもなく、ずっとは続けられないと思った。

大卒者の3人に1人が3年以内で離職すると言われる昨今、取材するなかで、宇野さんのように学生時代の風俗アルバイトで金銭感覚が狂い、それが原因で会社を辞めてしまうといった話を多々聞く。社会人になれば極端に収入が減り、そのうえ奨学金の返済に迫られる。

首がまわらなくなった元女子大生風俗嬢たちは、一般的な大学生が稼げないお金を手にした経験から、自分では合理的と思って目先の利益に走る。そして、軽い気持ちで早期離職してしまう。そしてそのほとんどが風俗か水商売に出戻ってゆく。