パスポートを見せ、全身の放射線量を量り、防護服を着て5号機原子炉建屋内に入る篠山紀信さん。後ろにあるのが原子炉格納容器だ 写真/阿部拓朗

巨匠・篠山紀信が「いまの福島第一原発」で目にしたもの

未曽有の後始末はこうして行われている
福島第一原発1号機原子炉建屋。水素爆発によって最上階に崩落したがれきの撤去を控える 写真/篠山紀信
拡大画像表示

上の写真は福島第一原発1号機原子炉建屋の状況。篠山紀信さんが2017年の初頭に撮影したものだ。

2011年3月の原発事故からもうすぐ7年を迎えようとしている。廃炉への道はまだ遠く、帰還困難区域はいまだに誰も住んでいない。ではその7年間、どのように福島第一原発は処理され続けてきたのか。今、何が行われているのか

 

実は、毎日6000人が働く巨大建設現場に変貌を遂げているという現地の、約350万㎡に及ぶ広大な敷地では、東京電力をはじめゼネコンや原発メーカーが30~40年後の廃炉完了を目指し、様々な調査や工事を進めている。

その7年間の取材をまとめた一冊が、土木専門誌「日経コンストラクション」編集部がまとめた『すごい廃炉』だ。今回はその中に掲載されている篠山さんの写真と文章とを、特別に引用掲載する。

福島第一原発の敷地内は、雨水が地下に浸透するのを防ぐため、灰色のモルタルで覆いつくされている 写真/篠山紀信
拡大画像表示
溶け落ちた核燃料の調査が進む2号機原子炉建屋。西側の地上には、構台の建設を進める作業員の姿がある 写真/篠山紀信
拡大画像表示