鬼龍院翔が明かす、いま新人アーティストが売れるために必要なもの

「CDが売れない」時代を考える
柴 那典 プロフィール

2つの方向性を頑張る

――なるほど。ファンではなかった人、なんとなく聴いていてゴールデンボンバーに出会った人も、CDを買うことによってさらに深く堀ることができる。

鬼龍院 こないだ、テレビで「泣ける曲特集」みたいな番組があったんですよ。その曲が作られた背景を、ものすごくわかりやすく誰もが泣けるように紹介して「じゃあ、聴いていただきましょう」って聴いてもらう。

僕はああいう番組が大嫌いなんです。音楽が作られた背景なんて知ったこっちゃないはずで、それを考慮せずに評価すべきだと思うんですよ。

 

――「泣ける曲」って、つまりは音楽がサプリみたいなものになってるってことですもんね。

鬼龍院 でも、そういう番組にも一理あるとは思うんです。つまり、音楽を聴く体勢にさせるというのも音楽ビジネスの一つなんですよね。

音楽を真剣に作るのは当たり前のことで、その他に何ができるかって言ったら、音楽を聴いてもらうための体勢にさせることなので。

こうやって現代ビジネスさんに載せてもらって「ゴールデンボンバー、こんなにちゃんと考えてるんだな」「新譜が出たんだ」「じゃあ聴いてみようかな」って思ってもらうのもその一つだと思いますし。

たとえばSpotifyの「最新J-POPチャンネル」みたいなものに載るというのもそうですよね。そこで引っ掛かりのある曲を作るというのが至難の業なんですけど、本来、ヒットメーカーの作家はそこをやらなければいけないんで。

僕は聴いてもらう体勢になってもらうことと、引っ掛かりのある曲を作ること、どっちもなるべく頑張ろうと思っているんです。

ただいい曲を詰め込んだアルバム

――今回のアルバム『キラーチューンしかねえよ』は、どんなコンセプトで、どういうものを作ろうと思って進めていったんですか。

鬼龍院 ここのところは変なCDの売り方をしている時期が続いたので、今回はそういった飛び道具的な要素がなく、ただいい曲を詰め込んだアルバムを作ったつもりです。

ファンが安心して「待ってました」と言えるやつですね。そういうコンセプトではあるんですけど、でも近年感じているのは、どんなにいいアルバムを出してもファンしか聴かない感じがあって。広がっていかないというか。

そこに全てのアーティストが苦労していると思うんですけど、そういった中で少しでも他の興味がない人に聴いてもらうためにはどうしたらいいかっていうところで、タイトルを『キラーチューンしかねえよ』にしたんです。

引っ掛かりのあるタイトルにするっていうのは、ファン向けというよりは、ファンよりも外側の人向けのアイディアですね。

――ファンに向けて考えていることと、その外側に向けて考えていること、両方があるんですね。

鬼龍院 どっちも必要な部分だと思うんですね。ファンの方だけを向いていても、徐々にファンは減っていく一方でしかないわけで。

ファンの方がへそを曲げない程度にファン以外の方が楽しんでいただけることをやらないといけないんですよね。そのバランスが難しいんですけど。