Photo by iStock

大学「全入」時代に難関私立中学を目指してどうするの?

ほかに力を注ぐべきことがあるのでは…

学費が高くても入れたい

開成に灘、桜蔭に女子学院――。人口減少により大学受験者数が減少する一方で、これらの難関中学の受験者数はむしろ増加しつつある。

街中では夜10時すぎに学習塾から出てくる小学生、そして彼らを迎える親の姿を頻繁に見かけるようになった。かつては高校生や浪人生が主役だった受験戦争は、いまや小さな子供と親が戦うものとして変貌を遂げた。

中学受験模試最大手の首都圏模試センターによると、1都3県の中学入試の受験者数は'15年から4年連続で増加している。また、'16年の統計では、公立小学校を卒業する児童の12.6%が中学受験をするというから、8人に1人の割合だ。

これまでみてきたように、2018年以降、大学に入学する18歳人口は減少の一途をたどる。大学「全入」時代が本格的に到来すれば、一般入試をクリアせずとも、名門大学へ簡単に入学できるようになる。

つまり、わざわざ難関私立中学に入って大学合格の確率を高める必要はもはやないのだ。

にもかかわらず、高い授業料を払い、子供を遅くまで塾に通わせる理由はどこにあるのだろうか。

 

東京都に住む主婦のTさん(38歳)は、いままさに息子を中学受験塾に通わせる親の一人だ。

「息子は小学5年生で、2年生のころから中学受験を前提に塾に行かせています。難関校を目指すクラスにいますが、合格にはまだまだほど遠い成績で、塾の勉強についていくための別の個人指導塾でも週1回授業を受けています。

放課後はほぼ毎日塾へ直行して、自習室で宿題を済ませたり、わからないところを先生に聞いているようです。私が教えてあげられればいいのですが、上位校の入試問題は私には解けないものばかりで……。

結局、塾の月謝は計9万円ほど。家計もギリギリなので、主人にはもうひとつ塾に通わせていることは言っていません。

公立の中学校は当たり外れが大きいと聞きますし、エスカレーター式の付属校に入れてしまえば、もうあとは学校に任せればいい。私立の授業料もバカになりませんが、いい企業に就職して元を取ってくれればと思っています」

塾の授業についていくための塾――。過熱する中学受験戦争のさなか、「上位志向」は強くなる一方だ。文部科学省が'14年度に発表したデータによると、私立中学校の学費の合計は平均402万円と、平均144万円の公立中学校よりも3倍近く高い。

中学受験を終えたとしても、家計への負担は続く。だが、それでも「入れたい」というのが親の本音なのだ。

「たしかに子供の数は少なくなっていくでしょうが、突然ブランド中高の人気が落ちることは考えにくい。これまでどおり、子供を塾に入れて偏差値の高い大学になんとかして入れたいと願う親御さんは一定数いるでしょう」(大学イノベーション研究所所長の山内太地氏)