Photo by iStock

東大に入るのは随分簡単になったのに、就職は困難になったという皮肉

激変! 「少子化ニッポン」の大学

留学生に歯が立たない

18歳人口の減少が影響をおよぼすのは、早大や慶大などの難関私大にとどまらない。

最高学府として学歴社会の頂点に立ちつづけている東京大学も、その存在意義が危ぶまれることになる。

「かつて東大は、いくら小手先の受験のテクニックを磨いたところで簡単に入ることはできない大学でしたが、いまはそうでもなくなってきました。

東大の出願者数は学部によってはむしろやや増えていて、倍率もセンター試験での高得点が求められるためにほぼ一定に保たれていますが、東大の教員は『生徒のレベルが昔と比べて下がった』と言います」(教育ジャーナリストの小林哲夫氏)

並大抵の努力では到達できず、まさに選ばれし者があの赤門をくぐることを許される――。誰もがそのようなイメージを持つ東大でも、すでに学力低下は現場レベルで顕著になってきている。

Photo by GettyImages

これからの東大の教育水準とブランド力を案じ、本当に優秀な中高生のなかには、すでに目標を「海外」へとシフトしている人も少なくない。

高等教育総合研究所代表取締役の亀井信明氏は次のように語る。

「少子化の影響によって、東大や京大はいままでよりも入学しやすくなっていくでしょう。今後東大の学力低下が進めば、将来の日本を背負って立つような人材は日本の教育に魅力を感じず、刺激を求めて海外に流出してしまうことになります。

高校教育の現場でも、すでに東大ではなく海外トップレベルの大学を目指すようなカリキュラムを取り入れる私立学校が増えてきています。

たとえば千葉県にある渋谷教育学園幕張中学・高校からは、イェールやプリンストンといったアイビーリーグに名を連ねる大学に何人もの進学者を出しているのです」

イギリスの高等教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」が毎年発表している「世界大学ランキング」の'18年版によると、東大は前年より7つ順位を落として世界46位となった。

'04年には12位だったことを考えれば、その凋落ぶりは明らかだ。アジアだけで見ても、シンガポール国立大学や北京大学の後塵を拝し、8位という順位に甘んじている。

 

海外における東大の地位の低下の原因は、そのカリキュラムにもある。著書に『大学大倒産時代 都会で消える大学、地方で伸びる大学』がある教育ジャーナリストの木村誠氏は次のように語る。

「東大は英語で行う授業が少なく、専門知識を英語で教えるスキルも世界トップレベルではありません。ということは、東大に留学してくる海外の学生は研究のためにわざわざ難易度の高い日本語を勉強しなければならず、重い負担になります」

だから欧米人は言うに及ばず、かつては大量の留学生が来ていた中国でも、エリートはアメリカの大学を目指す。

いきおい、日本に来るのは東南アジアからの留学生が増えるのだが、日本語習得のハンデをものともせずやってくる留学生に、日本の東大生は歯が立たない。

逆に言えば、彼らと伍していける本当に優秀な日本人学生にとって、東大は海外進学の「滑り止め」でしかない。