# AD special

ラガヴーリン25年、タリスカー25年の味は衝撃的でした

タリスカー・ゴールデンアワー第11回(前編)

立木: ようし、カラーの撮影は終了した。今度は3人で撮るから、ここに並んでくれない。

シマジ: では、ゲストの根本さん、真ん中にきてください。

立木: 全員表情が硬いね。ちょっと飲み足りないんじゃないの。

ボブ: では大急ぎでタリスカースパイシーハイボールを作りますから、みんなでもう一杯飲みしましょう(笑)。

立木: ぜひ、そうしてくれ(笑)。

根本: タリスカーと言えば、去年、3年ぶりにタリスカー蒸留所に行ってきました。

シマジ: いいですね、スカイ島に行ってきたんですか。あの荒涼とした島に蒸留所が一軒しかないのがまたいいですよね。

ボブ: それが最近もう一軒出来てしまったんですよ。

シマジ: 本当か!それはMHDは関係ないの?

ボブ: 関係ないんですよ。なので「スカイ島で唯一の」という言い方は出来なくなりましたけど、でも、いちばん古い蒸留所とは言えます。

根本: スカイ島自体も素晴らしいけど、あそこへ行くまでの山々が凄くきれいですよね。

シマジ: あの風景はまさに、天地創造という感じですね。

ボブ: 地球じゃないみたいなところがあったりして、本当に感動的ですよね。たしか映画『スターウォーズ』の撮影もあの辺でやっています。

根本: へえ、それは知りませんでした。あと、これも初めて知ったんですが、タリスカーは牡蠣も養殖しているんですね。

シマジ: 前の所長のマークに腹一杯食べさせてもらいました。生の牡蠣にタリスカー10年をかけてね。スカイ島の素晴らしいところは飛行場がないことです。

ボブ: たしかに地球じゃない未知の惑星にきたような錯覚に襲われますよね。では3人でご一緒に「スランジバー、アルバ、ゴブラー!」と言って乾杯しましょう。

一同: スランジバー、アルバ、ゴブラ-!

シマジ: 根本さん、これは「スコットランドよ、永遠に!」というゲール語だそうです。

根本: いい乾杯の言葉ですね。

立木: いい感じになってきた。それじゃあ、スパイシーハイボールを飲んじゃって、さっきの小さなグラスに持ち替えてくれる。

ボブ: 承知しました(笑)。

立木: OK!あとは銘々の表情を押さえるから、勝手にしゃべっていていいよ。

シマジ: では、根本さんが、いちばん飲んだな、極めたな、好きだな、と思うシングルモルトは何ですか?

根本: えーと、そうですね。ハイランドパーク1958年ですかね。シングルモルトを飲みはじめて20年くらい経ってからなので、だいぶ味もわかるようになったころでしたから、凄く美味しかったですね。いまでは40万円か50万円はするんでしょうけど。それから去年のラガヴーリン25年も美味しかったです。

ボブ: ありがとうございます!

シマジ: たしかに、あれはコクがあってよかったですね。

根本: タリスカー25年もよかったです。たしか2008年くらいに出てますよね。ほとんどカスクストレングスで、あの味は衝撃的でした。

ボブ: ありがとうございます! あのシリーズは数回連続でリリースしていました。

シマジ: でもいま飲んでいるグレンエルギンも美味いですね。

根本: 本当にエルギンという町があるんですからね。

シマジ: あの町のゴードン・マックファイルのウイスキーショップの品数には驚きますよね。

根本: 店に並んでいるモルトをみているだけで全部欲しいなあと本当に思いますよね。

ヒノ: 前の取材が長引いてしまって、遅くなってすみません!

立木: いま「ヒノはまだか」と叫ぶところだったんだが、残念、現われてしまったか。

ボブ: ヒノさん、打ち合わせで話し合った例のブラインドテイスティングはまだやっていません。本番はこれからですよ。ご安心ください。

⇒後編につづく

根本毅(ねもと・たけし)
1952年、長野県生まれ。大学院修了後アパレル会社35年間勤める。ウィスキー文化研究所ウィスキープロフェショナル、同ウィスキー検定スコッチモルト級師範
島地勝彦(しまじ・かつひこ)
1941年、東京都生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。『週刊プレイボーイ』『PLAYBOY』『Bart』の編集長を歴任した。柴田錬三郎、今東光、開高健などの人生相談を担当し、週刊プレイボーイを100万部雑誌に育て上げた名物編集長として知られる。現在はコラムニスト兼バーマンとして活躍中。 『甘い生活』『乗り移り人生相談』『知る悲しみ』(いずれも講談社)、『バーカウンターは人生の勉強机である』『蘇生版 水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』(CCCメディアハウス)、『お洒落極道』(小学館)など著書多数。
ロバート・ストックウェル(通称ボブ)
MHDシングルモルト アンバサダー/ウイスキー文化研究所認定ウィスキーエキスパート。約10年間にわたりディアジオ社、グレンモーレンジィ社、他社にて、醸造から蒸留、熟成、比較テイスティングなど、シングルモルトの製法の全てを取得したスペシャリスト。4ヵ所のモルトウイスキー蒸留所で働いた経験を活かし、日本全国でシングルモルトの魅力を面白く、分かりやすく解説するセミナーを実施して活躍しています。