MAMAにて「PRUDUCE48」を発表した秋元康氏(©️CJ E&M Corporation, all rights reserved)

AKB48グループ「韓国進出」の前に立ちはだかる「高い壁」

人気番組とのコラボが発表されたけど…

炎上の予感も

ザワザワとした胸騒ぎが始まったのは、昨年11月29日。その日、思わず私はテレビに向かって叫んだ。

「えー、AKB48が韓国の『PRODUCE101』とコラボ? まさか!?」

それは、横浜アリーナで日本初開催となった“アジア最大級の音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards 2017(通称:MAMA)」の生中継を、ケーブルテレビの韓流エンターテイメントチャンネルMnetで見ていた時のことだった。

人気KPOPグループTWICEやSEVENTEENも出演したステージで、白地に赤い花柄とフリルのワンピースをまとったAKB48が『恋するフォーチュンクッキー』など3曲を披露。歌が終わると、プロデューサーの秋元康氏がスポットライトを浴びながら登場し、「創造的な企画で新たな文化を作りさまざまな分野に挑戦するクリエーター」として、「インスパイアードアチーブメント賞」を受賞した。

MAMAに出演したAKB48(©️CJ E&M Corporation, all rights reserved)

「突然、なぜ?」と思ったのもつかの間、その直後、壮大なBGMが鳴り響き、大スクリーンにAKB48のロゴが映し出された。続いて『PRODUCE101』(後述するが、韓国で社会現象にもなったオーディション番組)のロゴがアップに。そして、一瞬ブラックアウトした後、ゆっくりと『PRODUCE48』という文字が画面にドーンと浮かび上がった。「2018 COMING SOON」とテロップ。

ところが、好奇心が高まる中、画面が切り替わるとすぐに、TWICEのトークコーナーへ。『PRODUCE48』が一体何なのか、説明はまったくないまま番組は終わってしまったのだ。

翌日、ORICON NEWSなどが「AKB48×『PRODUCE101』=『PRODUCE48』 秋元康氏が韓国アイドル選抜番組とタッグ」と配信。新番組での番組からグローバルなガールズグループを誕生させる構想が伝えられた。すぐにネットで『PRODUCE48』と検索してみると、SNSではアンチ韓国と思われる人たちから、「韓国要らんわ」「消えてなくなれ」「もう末路だ」など、激しくバッシングされていた。

一方、K-POPファンと思われる人たちも「AKB48にダンス踊れるの?」「歌もビジュアルも韓国とはレベル違いすぎるからやめて」と早くも炎上の兆しが。

 

日本で「国民のアイドル」として長く君臨してきたAKB48だが、近年は乃木坂46や欅坂46が台頭。「Billboard Japan Hot 100 of the Year 2017」では、10位以内に欅坂46の『不協和音』(4位)、『二人セゾン』(5位)と『サイレントマジョリティー』(10位)、乃木坂46の『インフルエンサー』が7位にランクイン。

AKB48の曲は10位圏外で、韓国のガールズグループTWICEの『TT』(6位)にも抜かされてしまう始末だ。秋元氏は、韓国でのPRODUCE101人気や、日韓混合グループTWICEブームにあやかり、48グループの話題作りを狙っているのだろうか。

TWICE(photo by gettyimages)

韓国中央日報日本語版(1月29日付)によると、『PRODUCE48』の日本オーディションは昨年12月に始まり今年1月10日付けで第一次審査が終了したという。だが、昨年11月のMAMA以来、待てど暮らせど、Mnetからの発表はないままだ。

果たして、すでに炎上の予感もする『PRODUCE48』だが、日韓両者に勝算はあるのか――。日増しに高まるザワザワ感を押さえきれず、取材に乗り出すことにした。