データ入力ばかりの事務職がAIに仕事を奪われないためにすべきこと

現場経験を生かす「5つのスキル」
石角 友愛 プロフィール

現在、私たちの会社が抱える案件の中にも、単純労働を自動化したい、AI技術を使って効率化したい、というものは多くある。

私たちはクライアントのビジネス課題を解決することが目的なので、課題抽出から行い、一番ベネフィットが多いエリアに技術投資を提案し、実装している。

その課題抽出プロセスの中で、実はキーパーソンの1人となるのが、その効率化しなければいけない作業を日々繰り返している人たちなのだ。

 

彼らのインプットがなければ、効率化は始まらない。インプットとは、超細分化、具体化した形で、どういう作業工程で仕事をしているかを言語化し、作業における判断基準を明確にする行為のことだ。

Photo by iStock

では、なぜこの立場の人たちがいなければAI化できないのだろうか? 

理由は簡単。現場の人間は、AI化したシステムを使う「エンドユーザー」であり、エンドユーザーの声を反映せずにシステムは作れないからである。

生き残りのための5つのスキル

現場の人間がその立場を使って会社で存在感を高める。それこそ「AIプロジェクト推進室」を立ち上げたりするには、どう考えを変え、どのように行動すればよいだろうか? 筆者が考える5つのスキルセットはこれである。

(1)全体像を理解する
自分の作業は全体の一部分(=木、または枝)であり、その木の集合体である森はなんなのかを理解しなければいけない。これは例えば、データがどこから入ってきて、どこに移動して、どんな形で自分が手入力する工程になり、その後どこにいくかを把握し、どんな価値を生んでいるかを漠然とでもよいので理解することである。

(2)進んで「教師データ」作成を行う
データのラベル付け作業、テーブル作成、名寄せ作業など自分の現場の知識が大きく貢献できるところで、教師データ作成に寄与する。地道な作業をすることが大きな結果につながるのだ。

(3)作られたAI技術の検証を目視でもいいから行う
 AIがちゃんと正しい出力をしているか、正しい仕分けをしているか、検査をしているか、そこの検証が一番うまくできるのも、現場で色々な判断基準を「ノウハウ」や「勘」で貯蓄してきた単純労働の人間だ。AIをチェックする立場になることで、AIの改善点の提言ができるようになる。

(4)技術チームと仲良くなる
企業がAI技術を導入する際に、ITチームなどのリソースが割かれることになるだろう。教師データを持っている唯一の存在としてITチームとのパイプ作りに励み、組織横断的なコミニュケーションを取れる立場になることが大事だ。

(5)他に似たような問題を抱えている部署を見つける
「AI推進室」のようなプロジェクトを立ち上げて、意見発信する立場になるには他の部署も巻き込まなければならない。

もちろん、一朝一夕で上記のようなスキルを身につけるのは簡単ではないし、日々の作業に追われていてそんな暇がないと思う人もいるだろう。

しかし、儲かっている企業ほど今後どんどんAI化に投資していくと予想される中、企業の中で本当にROI(投資利益率)が出せるAIプロジェクトを成功させるには、現場の人間のインプットが必要不可欠なのである。

企業の命運をかけて投資するAI活用新事業において、あなたの意見が本当に尊重されるこのチャンス、ぜひ上昇志向でキャリアップをする機会と捉えてみてはいかがだろうか。