Photo by iStock

「夜中にゴミ出す」「ホテルの備品持ち帰る」は実は立派な犯罪だった

「知らなかった」では済まされません

えっ、あれもこれも犯罪になるの?日常に潜んでいる、ついやりがちな軽犯罪。「知らなかったから、しょうがない」と開き直っても、警察は許してくれません。あなたはちゃんと法律を守っていますか。

松居一代のケース

1月19日、心霊スポットとして知られる廃墟に立ち入ったとして、千葉県木更津署は男性6人を軽犯罪法違反(立ち入り違反)の疑いで書類送検した。

廃墟であっても他人の土地に無断で入ることは法律的に許されない。軽犯罪法や住居侵入罪(刑法130条)は他人だけでなく、夫婦間であっても適用されるケースがある。

弁護士の荘司雅彦氏が解説する。

「たとえ夫婦であっても共同生活の実態がない場合、相手の家に無断で入ると住居侵入罪が成立します。別居中の妻の留守中に、合いカギを使い自己所有家屋に侵入した夫が逮捕されたという判例もある」

昨年、船越英一郎とドロ沼の離婚騒動を繰り広げた松居一代。彼女も船越の別宅マンションからパスポートやノートを持ち出し、ネット上に公開したことで住居侵入罪に問われていたという。

ちょっとしたイタズラや嫌がらせが、法的に立派な犯罪になる――。なにがアウトで、なにがセーフなのか。陥りやすい、身近な「軽犯罪」の具体例をみていこう。

 

■指定日の前日の夜にゴミを捨てる

都内で積雪を記録するなど、寒い日が続くこの季節、早朝のゴミ出しを億劫に感じる人も多いだろう。が、だからといって前日の夜中にこっそりゴミを捨てると犯罪になるという。

「決められた指定日以外にゴミを出す行為は、廃棄物処理法違反に該当します。廃棄物処理法16条には、『何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない』と規定されており、違反すれば5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金となります。

指定日の前日の深夜に出した場合、日付は『当日』ですが、それでも違法になる可能性が高い。早朝4時はギリギリグレーといったところでしょうか。たかがゴミ出しでもルールを破れば、立派な犯罪になります」(前出・荘司氏)

過去に兵庫県では指定された回収日時以外に何度もゴミ出しをした主婦ら3人に対し、3万~5万円の罰金刑を科したという判例がある。

Photo by iStock

■盗まれた自分の自転車を発見したので、勝手に持って帰った

自分の物を自分で持って帰っただけなのに、罪になる?

なんとも理不尽な話だが、みらい総合法律事務所の谷原誠弁護士は「たまたま道端や駐輪場で、盗まれた自分の自転車を見つけて、持って帰ると罪に問われる場合がある」と言う。

「盗まれた自転車が第三者に売られている場合もあるので、無断で持ち帰ると窃盗罪あるいは遺失物横領罪になる可能性があります。

つまり盗まれたものであっても所有権や占有権が自分から他人に移っているならば、勝手に持ち帰ってはいけないのです」

盗まれてすぐなら占有権が移っていないと評価され、罪に問われないケースもあるが、基本的には警察に連絡し対処してもらうのが賢明だ。