ヤンキースが再び「悪の帝国」に戻ったことに喜ぶ人々

これぞメジャーリーグだ!

ヤンキースの課題

(ベテラン、サバシアの言葉通り、ヤンキースはアンチの多いチームに戻ったのか Photo By Gemini Keez)

「去年、ウチはみんなから愛されるチームで、心が温まるようなストーリーになった。しかし、ジャンカルロ(・スタントン)の加入で再び嫌われるチームに戻る。そんな立場を気に入っているよ。毎試合ですべてのチームを叩き潰さなければいけない」

1月中旬、MLBネットワークの番組に出演したヤンキースのCC・サバシアがそう語ったことが大きな話題になった。
 
37歳の大ベテランの言葉は真実を伝えているのだろう。このチームとしては珍しい“再建期間”を迅速に終え、名門は再び“パワーハウス”と呼び得る陣容を整えている。
 
2017年は予想外の形でワールドシリーズまであと1勝に迫ったヤンキースは、今オフにサバシアと再契約し、田中将大もオプトアウト(契約破棄)権を行使しないことを表明。12月9日には昨季ナ・リーグMVPを受賞したジアンカルロ・スタントンをマーリンズからトレードで獲得し、全米を驚かせた。
 
この補強策によって、昨季メジャー1位の241本塁打、2位の858得点を挙げた打線がグレードアップしたことは確実。先発投手陣も、田中、ルイス・セベリーノ、ソニー・グレイ、サバシア、ジョーダン・モンゴメリーという昨季と同じローテーション5人を保っている。何より、アロルディス・チャップマン、デビッド・ロバートソン、チャド・グリーン、トミー・ケーンリー、デリン・ベタンセスといった本格派揃いのブルペンは強力だ。
 
充実した戦力がゆえに、「Vegasinsider.com」の優勝オッズではヤンキースが優勝候補筆頭と目されている。今季開幕後、ニューヨークに大きな注目が注がれることは間違いない。
 

(ジャッジ<左>、スタントンが揃ったことで打ち取りやすい打線になるリスクはあるが、それでも魅力は誰も否定できまい Photo By Gemini Keez)

そんなヤンキースにも、課題がないわけではない。スターリン・カストロ、チェイス・ヘッドリー、トッド・フレイジャーが抜けたため、実は現時点で実績あるセカンド、サードのレギュラーが不在。同タイプのスタントン、アーロン・ジャッジが打線の2、3番、あるいは2、4番に入り、三振を連発して相手投手を助けてしまう可能性は否定できない。
 
先発ローテーションにはもう1枚を加える見込みと目されたが、それも叶っていない。サバシアは高齢、モンゴメリーはまだフルシーズンを通じて働いた経験はないだけに、シーズン中に人員不足になっても驚かないだろう。