KEIKOと同じ高次脳障害の僕が、小室哲哉不倫疑惑報道に感じたこと

彼を責めることなんて、絶対にできない
鈴木 大介 プロフィール

僕の場合は、本当になんと恵まれていたことだろうかと思うが、自称無職上等で不定形発達当事者な妻が、高次脳となった僕を「あたしと同じ感じになった」(高次脳機能障害と不定形発達=発達障害は酷似する)と本能的に察知。

パニックになったら背中を撫でるだとか、外出先でパニックを起こして歩けなくなったらすかさず手を握って導くとか、妻自身がかつて「して欲しかったと思う支援」を僕にもしてくれることで、劇的に苦しさを緩和してもらうことができた。

photo by gettyimages

少々恥ずかしいけれど、今も僕は心が塞ぐ日に妻の膝枕を借りることがある。高次脳の療養を経て、それが最も気持ちを楽にする方法だと知ったからだし、同じように妻の気持ちが塞いでいるのを感じた時には、忙しくとも積極的にその頭を膝に抱いてやるようにしている。

日々そんな距離感だから、周囲からは「あんたらは近すぎて見てると恥ずかしい」とか「猫とか犬の兄弟みたい」と言われることもあるが、気恥ずかしくともこれが脳が壊れた人間が苦しさを感じずに生きるひとつの正解なのだと理解している。

改めて夫婦生活をスタートしてほしい

僕らのような小市民とトップアーティストのふたりを比較するのもおこがましいけれど、今回会見で小室さんが見せたあの疲弊ぶりは、支援する家族にもまた支援が必要なのだということを痛感させるものだったと思う。

痛切な表情で、「先は見えない」「もうここまでだなと思っていたところ」と語った小室さん。だが、KEIKOさんにとって今も最も信じ頼ることができるのが小室さんならば、ここから改めて夫婦生活をスタートしてほしいと願う。そして、周囲の関係者の方々は、今こそそのふたりを支えてほしいと、そう祈ってならない。

しまった。担当編集さんより拙著されど愛しきお妻様のスピンオフ記事を書いてほしいと言われたのに、全然スピンオフになってない記事を書いてしまったじゃないか。

鈴木大介さんの「大人の発達障害」の妻との記録を綴った『42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで』はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50288

現代ビジネスの好評連載が待望の書籍化!愛と笑いと涙の18年間の軌跡。

鈴木大介×茂木健一郎トークイベント

「発達障害の家族支援・脳が壊れたひとが脳のプロに聞きたいこと」

されど愛しきお妻様』刊行を記念してイベントを開催します。お相手にお迎えするのは、脳科学者の茂木健一郎さん。「愛とは、個性を受け入れること。心のいちばん奥から涙が出た。」というコメントを本書帯に寄せた茂木さん。「発達障害をはじめとして脳にトラブルを抱えた当事者は家庭内で加害者的か被害者的かの立場に追い込まれるケースが多すぎる」と危惧する鈴木さんが、脳のプロである茂木さんとともにその解決策を考えます。

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

出演 鈴木大介 茂木健一郎

日時 2018年2月27日(火)20:00~22:00 (19:30開場)

場所 本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)

入場料 1500yen + 1 drink order