韓国は過去の「外交失策」から何も学ばない国なのか

また繰り返される融和の悲劇…

なんで振り回されるかなあ…

韓国という国は、核兵器の開発を進める隣国北朝鮮の危険性を本当の意味で理解したくないのかもしれない。

北朝鮮の核開発は、基本的に米国からの制裁解除などを引き出すための手段だ。そのために、北朝鮮は状況に応じて韓国を利用し、米国と韓国の関係にくさびを打ち込み、国際社会を揺さぶろうとしてきた。北朝鮮にとって、韓国はある意味で交渉相手ではないのだろう。

 

南北協議を経て北朝鮮が平昌五輪への参加を決めたのも、米韓関係の切り崩し等が目的と考えられる。韓国はこの状況を自国の政策の成果だと認識しているのだが、それは少し違うかもしれない。冬季五輪が終われば、一時的な融和ムードはしぼみ、再び朝鮮半島情勢の緊張感は高まるだろう。本来は取るべきではない対応を韓国は選択してしまった。

韓国では、世論の変化を受けて安全保障に関する方針が180度変わることが多い。朴槿恵前大統領への批判を集めて大統領に当選した文氏は、前政権と対照的に、北朝鮮への融和を訴え五輪参加を呼び掛けてきた。そのため、昨年末ごろから韓国は米国に対して五輪開催中の軍事演習を延期するよう求めてきたようだ。

北朝鮮の五輪参加を取り付けることは、文大統領にとって融和政策の成果を示すためには欠かせない。わが国や中国との関係が悪化し、国内世論からの批判も出ているだけに、南北共同での冬季五輪の開催は、まさに同氏にとって悲願成就だったはずだ。文政権は北朝鮮の選手派遣費用の負担を検討するなど、国連の制裁決議に抵触する恐れのある施策まで検討している。

完全に、韓国の政治は北朝鮮に迎合してしまっている。それは北朝鮮にとって、狙った通りの展開だ。北朝鮮にとって五輪参加は、国際社会からの圧力を弱める手段に過ぎない。これまでにも、北朝鮮は韓国の融和政策に応じるそぶりを見せることで、米韓関係の切り崩しをはじめ、国際社会に揺さぶりをかけてきた。それが北朝鮮外交の常とう手段だ。

文大統領の盟友であった故・廬武鉉大統領の時代にも、韓国は反米、親北朝鮮政策を進めた。しかし、韓国が融和政策を進めても、北朝鮮の基本路線は変わらなかった。今回も、北朝鮮は韓国が核問題を持ち出すことを強く非難している。核問題が解決できないのであれば、いくら北朝鮮と対話をしても意味がない。それが韓国の政治家、世論には十分に理解されていないようだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら