Photo by iStock

2018年、混戦のNBAで起きる「大番狂わせ」

新春大予想スペシャル
(カリーとウォリアーズは過去4年間で3度目の優勝を果たすのか Photo By Gemini Keez)

2017~18シーズンは群雄割拠——。NBAの今季も半ばを迎え、予想以上の混戦状態でバスケットボールファンを喜ばせている。今年も過去3年同様、ゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズがファイナルで対戦することになるのか。それとも米スポーツ界を震撼させる波乱があるのか。今回はNBAのシーズン前半を振り返りつつ、両カンファレンスの行方を展望し、後半戦の見どころを占っていきたい。

 

「最強軍団」ウォリアーズの動向

過去3年連続ファイナル出場、そのうち2度も優勝を果たした現代の最強軍団ウォリアーズは、今季もリーグ最高勝率をキープしている。ただ、これまでほどの支配的な強さは感じられないという声も聞こえて来る。

主力選手は故障がちで、ステフィン・カリーは最初の37戦中13戦、ケビン・デュラントは同5戦、ドレイモンド・グリーンは同6戦を欠場。この3人にクレイ・トンプソン、アンドレ・イグダーラを加えたいわゆる“デス(死の)・ラインアップ”の効果が、昨季より大きく落ちているというデータもある。ここ3年はウェスタンの誰よりも多くのミニッツをプレイしてきた選手たちが、そろそろ疲れをみせても不思議はない。

もっとも、そんな状態でそれでも優れた成績を残してきたことがチーム力の証明でもあるのだろう。シーズン最高勝率を狙ったがゆえにプレイオフでガス欠を起こした一昨年の轍は踏まず、昨季、今季のウォリアーズはペース配分を考えている印象がある。長いシーズンの戦い方を知った王者が、後半戦でペースを上げてくる可能性は高いのではないか。特にウォリアーズで2年目を迎え、新天地の水にも慣れたデュラントが満を持して大爆発しても驚くべきではない。

 レブロン「5度目のMVP」の現実味

(レブロンの“リーグNo.1プレイヤー”としての評価は依然として揺るぎない Photo By Gemini Keez)

昨年12月30日に33歳の誕生日を迎えたにも関わらず、帝王レブロン・ジェームズの動きには衰えは見られない。1月3日のゲーム終了時点で平均27.5得点、8.1リバウンドを残し、9.1アシストは自己最高の数字。何より、リーグ4位の平均37.2分をプレイしてきたことは驚嘆に値する。

持ち前の身体能力、パワーに加え、加齢とともに円熟味を増している印象もある。開幕前にカイリー・アービングが移籍し、代役として獲得されたアイザイア・トーマスが2017年中は出場できなかったにも関わらず、クリーブランド・キャバリアーズ(以下、キャブズ)が好位置につけているのはやはりレブロンの支配力がゆえに違いない。

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンが故障離脱した現状で、MVP争いでも今やレブロンがトップだろう。NBAの歴史上で、33歳以上でリーグMVPを獲得したのはカール・マローンとマイケル・ジョーダンだけ。今季終了後、現代の最強プレイヤーが3人目となる可能性は高そうだ。