東京23区「高齢者に優しいまち」最新ランキング

徹底データ分析!
池田 利道 プロフィール

憧れの「西部山の手地区」はいま…

高齢者として覚悟しておかねばならないのは、福祉のお世話になることだ。先の話だと考えるのではなく、元気なうちからしっかりと頭に入れておく必要がある。

【図表4】東京23区の福祉充実度ランキング
【拡大画像はこちら】

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、軽費老人ホームを合わせた入居型福祉施設が一番充実しているのは葛飾区、次いで足立区と、東部地区が上位に来る通所型になると、荒川区、墨田区、豊島区、台東区と下町地区が上位に並ぶ

地域コミュニティの力が強い下町では、地域の共助パワーに支えられた在宅+これを補う通所施設という形が高齢ライフを支える基本となる。福祉事務所の担当者が多いのも下町の特徴で、きめ細やかな在宅ケアの基盤も充実している。

また、きめ細やかさという点では、民生委員の活躍も欠かせない。これは地域差が大きく、品川区を筆頭に、文京区、板橋区などで密な体制が整っている

公的な福祉にお世話になる前に、自助努力で老後の不安に備えたいという人には、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が切り札となる。サ高住の数が多いのは郊外区だが、郊外区の中でも西(山の手)と東(広義の下町)に差があり、軍配はどうやら東に上がるようだ。

 

人の考えはそれぞれで、何をおいても医療水準が大切だと言う人もいれば、福祉の充実こそが重要だという人もいる。簡単に答えがほしいという世相を反映してか、昨今「総合ランキング」なるものに注目が集まっているが、じつはそこにはあまり大きな意味がない。本稿で取り上げたデータをどう読むかは、それぞれの価値観次第なのだ。

ただそれでもなお、「高齢者にとって住みよいまち」という大きな視点で東京23区のデータを総括するなら、下町地区の評価が高いということは言えそうだ。逆に評価が低いのは、世田谷区、杉並区、練馬区といった西部山の手地区。これは結構はっきりしている。

西部山の手地区といえば、東京の発展を支え、いま高齢化のときを迎えている団塊の世代にとって、究極の憧れの地だった。それがいまや、高齢者にとって「住みよくないまち」になっているのである。何が起きているのだろうか。次回は、西部山の手地区の「雄」とも言える世田谷区にフォーカスをあてることにする。

<次回「憧れの『世田谷ライフ』が壊れるとき」へ続く>