Photo by iStock

【写真】中村江里子が伝える「フランスの暮らしは想像以上に大変」

便利すぎる日本が逆に気になる

フランスでは、「大切なものは宅配便で送らないように」と言われています。クリスマスカードを郵送することすら躊躇して、電子メールでのカードのやりとりが随分と多くなってきています。

そう語るのは、パリに在住の中村江里子さん。
フジテレビアナウンサーとして活躍し、1999年にフジテレビを退社後、2001年にフランス人のシャルルエドワード・バルト氏と結婚。パリに住み、3人の子供を育てている。20年近くパリに住んで日本と行き来する中で、とても気になるのが「便利すぎる日本」についてのことだ。
河合雅司さんの『未来の年表』という本がベストセラーになっている。少子化による人口減少に伴い日本に予想される様々な危機について、エビデンスをもとに冷静に分析し、まとめた一冊だ。中村さんはその本の中でも、巻末にまとめられている「この危機を脱するためにできること」の一つ、「24時間社会からの脱却」という文章に対して、心から納得するという。
フランスに住んでいるからこそわかる、「便利すぎる日本」について、中村さんの実体験を書いてもらった。

こちらは写真ページです。記事はこちらをご覧ください。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53921

お知り合いがパリに送ったけれど、結局日本で受け取ったクリスマスプレゼント。今でもクリスマスには自宅に飾っている。写真提供/中村江里子
フランスの可愛いポスト。しかし投函するときはハラハラ……photo by iStock
冬休みの旅行中に修繕をお願いしたキッチン。2週間の予定日を超えても当然のごとく終わっておらず、使えるまでさらにひと月かかった。写真提供/中村江里子
『NAAANDE!?』は文庫化もされた。写真提供/中村江里子

中村江里子 なかむら・えりこ 1969年東京生まれ。1991年フジテレビ入社。アナウンサーとして活躍したのち、1999年に退社。2001年にフランス人のシャルル・エドワード・バルト氏と結婚し、パリに居住を移す。現在はパリで3人の子育てをしながら、パリと東京を往復。テレビや雑誌、講演会などの仕事を続けている。1年に2冊刊行しているムック本『Saison d' Eriko』で毎号パリ発の最新情報を伝えている。最新号は『Saison d’ Eriko Vol.7』