# インスタグラム # メディア・マスコミ # SNS

【写真】2017年、若者の間で大流行したモノ・コト

「インスタ映え」とは何だったのか
現代ビジネス編集部 プロフィール

限られた人々のセンスの結晶だった

ここまで見てきたように、2017年は様々なメディアで「インスタ映え」という言葉が取り上げられ、インスタグラムに投稿するために、商品を購入したり、お店に足を運んだりする「インスタ映え」のための消費行動が注目されました。

2015〜2016年にインスタグラムから話題になったものを思い返せば、デトックスウォーターの入ったメイソンジャーや、装飾のない大きな文字盤の腕時計、ボタニカル系のヘアケア商品など、健康的で透明感のあるシンプルな見た目のものばかり。

この背景には、当時のインスタグラムがセンスに溢れる人たちの場であり、その人々による情報発信が起点となって話題が生まれていったことがあると考えられます。

インスタグラムはアートな場であり、ここで活躍できたのは、ビジュアルでのコミュニケーションに限られていても上手く情報と自分を発信できるような、写真や加工のスキルに長けたセンスの良い一部の人々でした。

そういった人々が自分のアカウント上で商品やサービスを紹介する際には、自分らしい構図で写真を撮影・加工を施してから投稿していました。

そのためシンプルなものほど、その人の色を出して魅せやすく、商品の見た目の主張が強すぎると、その投稿者の文脈から浮いてしまい、商品を紹介することが難しくなります。

結果、余白を残した、加工の余地のあるもののほうが、投稿者のオリジナリティを出しやすく好まれる傾向があったのではないでしょうか。

 

ユイさん(@1206g)がシェアした投稿 -