〔PHOTO〕gettyimages

連立相手見つからず「女帝メルケル」の弱体化が止まらない

再選挙なら首相退陣の可能性大

大連立か、再選挙か

9月24日に総選挙があったドイツだが、FDP(自民党)と緑の党との連立交渉が11月19日に決裂し、メルケル首相(CDU・キリスト教民主同盟)は未だに組閣できない。結局、一度、下野するといって引っ込んだSPD(社民党)が再び駆り出されることになった。

メルケル首相は、とにかくこの大連立に賭けるしかない。決裂して再選挙になれば、おそらくCDUの支持率はさらに落ち込み、その代わりに、皆で極右だと言って無視しようとしているAfD(ドイツのための選択肢)が伸びるだろう。AfDはすでに、CDU、SPDに次ぐ第三の勢力だ。

とはいえ、引っ張り出されたSPDは、「次期は野党の雄として頑張る」と見栄を切ってしまっているし、党内にはマンネリの大連立に反対する声も強い。そこですったもんだした結果、一応、大連立が可能かどうかを見極めるため、幹部同士が会うというところまでは決まった。

〔PHOTO〕gettyimages

ただし、条件は“ergebnis(結果)offen(オープン)"。つまり、目標は決めずに白紙の状態で、連立の可能性があるかどうかだけをまず探るというもの。国家の危機、EUの危機などと言われても、易々とメルケル首相の作戦には乗らないぞというSPDの決意(あるいは不信感)は強く、連立交渉は始まる前からすでにギクシャクしている。

最初の会談は1月7日だそうだが、私は、決裂して再選挙になる可能性がかなり高まっているように思う。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら