日本で国民的ヒット曲を生み出すための「最も有効な仕掛け」とは

2017年は「恋」の年だった
柴 那典 プロフィール

世界的ヒットはこうして生まれる

エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」は、米ビルボードの発表した年間総合チャートでも1位となっている。日本だけでなく世界各国で記録的なヒットとなった一曲だ。

特にSpotifyなどのストリーミングサービスにおいて圧倒的な再生回数を誇っている。

先日発表されたSpotifyの年間グローバルランキングでも、エド・シーランは楽曲、アルバム、アーティストの主要3部門で1位となっている。

【2017年 Spotifyグローバルランキング】
・世界で最も再生された楽曲

1. Shape of You / エド・シーラン
2. Despacito - Remix / ルイス・フォンシ、ダディー・ヤンキー feat. ジャスティン・ビーバー
3. Despacito / ルイス・フォンシ feat. ダディー・ヤンキー
4. Something Just Like This / ザ・チェインスモーカーズ & コールドプレイ
5. I’m The One / DJキャレド feat. ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー、リル・ウェイン

・世界で最も再生されたアルバム
1. ÷(Divide)/ エド・シーラン
2. More Life / ドレイク
3. DAMN. / ケンドリック・ラマー
4. Starboy / ザ・ウィークエンド
5. Stoney / ポスト・マローン

・世界で最も再生されたアーティスト
1. エド・シーラン
2. ドレイク
3. ザ・ウィークエンド
4. ケンドリック・ラマー
5. ザ・チェインスモーカーズ

エド・シーラン 〔PHOTO〕gettyimages

「シェイプ・オブ・ユー」のヒットは、前述した「物語」や「ダンス」との結託という日本独自のヒット要因とは当然関係ない。親しみやすいルックスの持ち主とはいえ、彼自身がアイドル的な人気を持っているわけでもない。

彼の持つ純粋なソングライティング能力がこの曲を世界的なヒットに押し上げたと言えるだろう。

「最も再生されたアルバム」や「最も再生されたアーティスト」ランキングの上位にラッパーのドレイクやケンドリック・ラマーの名が並ぶように、今、海外ではヒップホップが完全にポップ・ミュージックの主流になっている。

また、ストリーミングサービスにおいては、ザ・チェインスモーカーズが代表するような聴き心地のよい電子音を用いたトロピカル・ハウスのジャンルが根強い人気を持っている。

洒脱なシンセを取り入れラップと歌を自在に行き来するヴォーカルを見せる「シェイプ・オブ・ユー」のヒットは、彼がシーンの潮流を巧みに取り入れるセンスの持ち主であることの象徴と言えるだろう。

 

ここ日本でも定額制ストリーミングサービスは徐々に浸透し、そのことが「シェイプ・オブ・ユー」の高い支持に結びついている。

ビルボードジャパンの年間チャートでも、星野源の「恋」がラジオ、ダウンロード、ルックアップ(CDの読み取り回数)、Twitter、動画再生数の5つの指標で1位となった一方、ストリーミングの指標では「シェイプ・オブ・ユー」が多くの再生回数を集め1位となっている。

ここ10年近く、J-POPの人気曲の曲調は同時代の海外の音楽シーンの動向と乖離し、良くも悪くも「ガラパゴス化」と言われる状況が支配的になっていた。しかしエド・シーランのヒットはそういった傾向を変える一つのきっかけになりそうだ。