中国人民解放軍が進める「AI軍事革命」は北のミサイルより恐ろしい

元自衛隊最高幹部が解説
渡部 悦和 プロフィール

AIにより軍事の何が変わる?

AIは、戦場における指揮官を手助けし、その状況判断を正確かつ迅速にすることができる。

AIはまた、ウォーゲーム、シミュレーション、サイバー戦や電子戦への適用、AIが仮想現実の技術と合体すると訓練・演習をより実戦的にすることもできるなど適用分野は軍事の大部分にわたっている。

また、AIは、ロボットやドローンなどの無人機の頭脳となることにより、「自ら認識し、判断し、決心し、行動する」自律無人機を可能としている。

例えば、中国の国営企業である「中国電子科学研究院」は、2017年6月、119個の小さなドローンの群れによる自律協調飛行テストに成功した。

このテスト成功は、安いドローンで高価な兵器例えば空母などを群れで攻撃することが可能になることを示している。

Photo by iStock

中国の専門家は、AIと自律無人機が普及すると、「戦場におけるシンギュラリティ」が到来すると予想している。

このシンギュラリティに達すると、AIが可能にする戦闘のスピードに人間の頭脳が追随できなくなる。

このことは、AIが指揮する無人機システムに戦いの大部分を任せ、軍人を戦場から解放することを意味する。

そのような転換点は、はるか先のことのように思えるが、AIによる自動化の方向に急速に向かっている。

中国のような全体主義国家では、戦争における完全な自動化を追求する可能性がある。完全な自動化は、無人兵器による無差別な殺りくなどの懸念もあり、作戦における倫理的・人道的な観点での問題点が今後議論されることになろう。

中国の軍事専門家たちは、自動化の時代における人間の果たすべき役割の重要性も認識していて、「AIにサポートされた人間の脳のほうが、AIそのものよりも優れているのではないか」という指摘もある。

いずれにせよ、AIは、軍事における作戦、指揮官の状況判断、幕僚活動、部隊運用、訓練などを大きく変え、将来的には戦争の様相を大きく変貌させてゆくであろう。

中国は、2050年に世界一の強国になることを宣言したが、東シナ海で緊張関係にある人民解放軍の目指すAI軍事革命は、日本の自衛隊にとって大きな脅威になる。

自衛隊は、AIに対する認識の甘さを払しょくし、人民解放軍のAI軍事革命に真剣に対処することが急務になっている。