Photo by iStock
# 民泊 # 不動産

月10万円の副収入も!空き家の実家で「民泊」投資を始めよう

外国人旅行者は「地方の古い家」が好き
高齢の親を持つ人には頭が痛い「実家」の問題。相続するか、それとも売るか、人に貸すかーー。じつは、実家を「民泊」で活用するという手もある。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、暮らしのジャーナリストとして『3万円からの民泊投資術』(WAVE出版刊)などの著書もある高橋洋子さんが、その大きな可能性を語る。

避けられない「空き家の実家」問題

空き家大国、日本。2033年には3戸に1戸が空き家(河合雅司著『未来の年表』)といわれているが、2013年時点でその数は820万戸に上り、すでに住宅の13.5%が空き家である。

特に深刻なのは「空き家の実家」問題だ。

幼い頃から暮らした、思い出が詰まった実家。都市部で働く子世代にとって、そんな愛着ある実家でも、住むには遠く、貸すにも貸せず、売らざるをえないケースが多い。

「うちは娘が3人で、家を継ぐ者がおらず、実家を処分した」「実家が空き家になり、コンビニを建てないかといわれ、解体した」

そんな話を耳にするたび、もの寂しさを感じる。実家を手放さずにすむ方法はなかったのだろうか。

一方で、実家を「民泊」に活用している人達がいる。古びた家でも、海外から旅行者が泊まりに来るのだ。

空き家に人が集い、灯りが灯り、街が活気づいている。そんな実家の「民泊」活用事例を見てみよう。

 

空室だらけのアパートで月10万円の収入に

会社員のマサヤさん(48歳)は親が建てた賃貸マンションの空室に悩んでいた。東京・江東区の駅から徒歩5分の便利な立地だが、老朽化から4階建てにもかかわらず入居者は1人だけ。

1階は寿司屋に貸していたが、退去後、ホコリをかぶったまま何年も経つ。2階に母親が、3階にマサヤさん家族が住む。4階は単身者用に4部屋あるが、初老の男性が何十年も前から入居するほかは、空室になっていた。

「空き部屋の活用について調べるうち、興味を持ったのが世界最大の民泊仲介サイト『Airbnb』です」

Photo by Gettyimages

2015年からAirbnbに4階の空室2室を登録し、宿泊者を募っている。各部屋にトイレと風呂はなく、共同トイレがある。

「お風呂がなくて予約が入るか不安でした。銭湯のチケットをプレゼントしようかどうか悩みました。実際はプレゼントしなかったのですが予約は順調で、日本のローカルな体験ができたと喜ばれています」

現在までに約150組を受け入れ、月10万円の副収入に。旅行者に築地など街を案内して楽しんでいる。

「試しに屋上にテントを張って一泊2000円程で募集したら、予約がぽつぽつ入って驚いています。ユニークな旅をしたい外国人旅行者は意外と多い」

これは外国人旅行者の多い東京だからなのだろうか。次は地方の例を見てみよう。