Photo by Getty Images
# トランプ大統領 # 中東和平

唐突に「エルサレム首都」を宣言したトランプの真意が見えた

世界の混乱より選挙ファースト

中東和平への期待から一転、何が起こったのか

12月6日の東京株式市場の日経平均株価終値をiPhone画像で見て目をむいた。

前日比445円34銭安の2万2177円04銭で引け、今年最大の下げ幅となった。

この暴落の要因は幾つかあるが、最大の理由は同日午後(米東部標準時間)にドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都として公式に認め、米国大使館を現在のテルアビブからエルサレムに移転すると、米メディアが一斉に報道したことである。

[写真]パレスチナを拠点とするハマスはトランプ大統領の決定に激しく反発している(Photo by GettyImages)パレスチナを拠点とするハマスはトランプ大統領の決定に激しく反発している(Photo by GettyImages)

トランプ大統領は5月、就任後の初の外遊となった中東訪問でサウジアラビア、イスラエル、パレスチナなど各国を訪れた。

同大統領がイスラエルのネタニヤフ首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長と相次いで会談したことから、イスラエルとパレスチナの中東和平交渉が急速に進展すると期待感が高まった。

 

だが、今回のエルサレム首都認定によって、これまでサウジアラビア、ヨルダン、エジプトなど親米路線を明確にしてきた国々を含めイスラム圏諸国が猛反発。

エルサレムを首都と認めていない英国、フランスを始め欧州主要国からも批判の声が上がっている。

中東情勢が一気に緊迫化する兆候が見えてきた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら