# 公安警察 # インテリジェンス

日本政府の中枢にいた男が「ロシアのスパイ」に身を堕とすまで

公安vs.スパイ「諜報全史」第1回
竹内 明 プロフィール

グリベンコと食事をするようになった。食事が終わるとグリベンコは、「次はここで」と店のパンフレットを渡しながら、次に会う日時を指定した。

付き合い方に微妙な変化が現れた。グリベンコが手土産を持ってくるようになったのだ。最初はハンカチセットをもらった。バーバリーの3枚セットのものだった。

何度か会った時、グリベンコは小さなカードのようなものを差し出しながらこういった。

「これ、余ってるのでどうぞ。プレゼントします」

高速道路のハイウェイカードだった。1万円分のものだ。

「頂いておきます」

こういって、鞄にしまった。

 

「袋にも入っていない、裸のままのカードでした。私は車には乗らないし、もらってもしょうがないと思っていましたので、ありがとう、とは言わなかった。相手が気分を害しても悪いと思ったから受け取っただけなのです。

とくに抵抗はなかったです。私自身も仕事で意見交換した相手をご馳走したり、お土産を渡したりすることがありましたので。当然の成り行きかな、と思ったのです」(水谷氏)

次の食事で、グリべンコは何も持ってこなかった。

「今回はカードを持ってくることができませんでした。私の努力が足りませんでした。もう少し頑張れば、カードを持って来ることができます」

恩着せがましい言葉だった。

水谷が嬉しそうな顔をしなかったからだろう。プレゼントが変化した。

食事後、グリベンコからデパートの紙袋を渡された。家に帰って開けてみると、紅茶のティーバッグのセットだった。

つまらない物をくれるものだな。こう思いながら箱を開け、中身を全部出した。箱の底に何かがあった。

デパートの商品券。1000円の10枚綴り。1万円分だった。

「私はもらったハイウエイカードを、すべて友人にあげていました。商品券も使う予定がないので、親戚にあげてしまいました。

商品券をもらったのは、2~3回ほどでしょうか。しばらくすると、商品券は現金に変わったのです」(水谷氏)

その日、グリベンコが指定したのは、天王洲アイルの和食店だった。食事が終わると、グリベンコがいつものように紙包みを渡してきた。

「プレゼントです」

いつも通り受け取って、帰宅してから箱を取り出した。箱の下にあった封筒の中身を見て驚愕した。

「封筒の中身は現金、ジャスト5万円が入っていました。この金額はちょっと大きすぎるぞと思いました。

なんの目的もないのにお金をつかませるなんて、これをどう解釈していいのか、どうしていいのかわからなかったのです。

これは何かフィードバックを求めているなとすぐに感じました。それでも、いざ『お前からは有益な話が聞けなかった』と言われた時には、全額突き返してやろう、そうすればいいのだ、と思ってしまいました」(水谷氏)

やがてその金額は10万円につり上がった。一線を超えてしまった水谷は、もはや後戻りできない状況に追い込まれていた。

第2回はこちらから

[写真]竹内明氏『スリーパー』好評発売中!【またまた重版決定!】公安警察や北朝鮮、米露の元工作員への取材をもとに、著者・竹内明氏が日朝諜報戦の裏側を描くリアル・サスペンス『スリーパー 浸透工作員』大好評発売中! スペシャル動画も見られる特設ページ→→http://gendai.ismedia.jp/list/special/sleeper