# インテリジェンス # 公安警察

日本政府の中枢にいた男が「ロシアのスパイ」に身を堕とすまで

公安vs.スパイ「諜報全史」第1回
竹内 明 プロフィール

およそ1ヵ月後、リモノフから水谷の携帯に電話がかかってきた。画面には「公衆電話」と表示されていた。

職場の電話でもなく、携帯でもない。奇妙だった。

リモノフは都内のレストランを指定し、「お店の前に立って待っていてください」と言った。

予約しているのなら、店の中で待てばいいのに……。

不思議に思いながら従った。水谷が待っていると、リモノフは遅れてやってきて、一緒に店に入った。

「私が店の前で立って待っていると、リモノフは遠くからすっと近づいてくるのです。今思えば、どこかから、私を誰かが尾行していないか、監視している者がいないか、確認したうえで近寄ってきていたのだと思います。

個室ではなく、テーブル席で、会話は雑談ばかりです。どこの部署でどんな仕事をしているのとか、家族の話とか、趣味は何だとか。

食事をしながら軽くお酒を飲んで、だいたい1時間くらいで切り上げました。リモノフはほとんど酒を飲まなかったですね。時間の無駄かなと思うこともあったくらいです。

食事代はリモノフが払いましたが、私が奢ったことも一度ありました」(水谷氏)

 

会話の主導権はリモノフが握り、水谷が聞きたい中国の話にはならなかった。

一度、話題の種にと、水谷は中国共産党大会の人事予想を作成して、リモノフに渡した。

「これはオモシロイ。よくかけていますね。さすがです」

リモノフは目を丸くしてこう言った。

「遊び半分で書いた者で、誰でも書けるような人事予想です。でも外交官から褒められると少し嬉しくもなりました」(水谷氏)

やがてリモノフの任期が来て、モスクワに帰任することが決まった。

「後任を紹介させてほしい」

虎ノ門のレストランに連れてきたのが、グリベンコ一等書記官だった。肌が浅黒く、ひげの濃い大柄の男だった。

[写真]水谷氏が描いたグリベンコ一等書記官の似顔絵(提供:竹内明)水谷氏が描いたグリベンコ一等書記官の似顔絵(提供:竹内明)

「水谷さんはすごく能力の高い人なんです。中国共産党の人事をすべて言い当ててしまうのですから」

リモノフはグリベンコにこう言った。

「グリベンコは物腰が柔らかく、ジェントルマンという感じでした。日本語も上手で、会話に不自由は全くない。見識も豊かで、有能な外交官なんだろうなあ、という印象でした」(水谷氏)

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/