テレビ局は「番宣でバラエティに俳優が出演」をいつまで続けるのか

そろそろやめた方が…
前川 ヤスタカ プロフィール

もうただの習慣では?

その昔、バラエティにおけるドラマ番宣は、そこそこ機能していました。

理由は、コント番組が多数放映されており、ドラマのパロディを行う機会が多かったからです。

とんねるずやウッチャンナンチャンのコント番組や、SMAPxSMAPなどでは、ドラマパロディは定番で、そこにドラマの出演者本人も登場するなどということも多々ありました。

そして、パロディを見せられることで、元ネタとなっているドラマを見ようと思う相乗効果が生まれる「両者Win-Win」構造がかつては存在していました。

Photo by iStock

何より、全盛期のドラマパロディコントは、そのドラマに対する愛が感じられました。

スタッフにせよ出演者にせよ、パロディに嬉々として出演するゲスト俳優にせよ、そのドラマのことが本当に好きなんだなという気持ちが伝わってきました。

ドラマにとって第三者であるバラエティ番組が、愛を持ってドラマを紹介することで、まるで口コミのように評判を伝える役割も果たしていたように思います。

現在「アメトーーク」の読書芸人の回で紹介された本はものすごく売れますが、それは視聴者からみて信頼できる読書好きタレントの(言わされたのではない)本音の口コミだからです。

そうでないと「見てみよう」とはなりません。

とはいえ、みなさんご存知の通り、コント番組はほぼ絶滅し、昔のように作品愛あふれるドラマパロディを行える番組は、NHKの「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」くらいになりました。 

最近でも「LIFE!」の中で朝ドラ「ひよっこ」のパロディを行い、有村架純がそれに出演するということがありましたが、こんなことができるのは今NHKくらいです。

 

ただ、そのNHKも、CMがないかわりに番宣が多すぎることで、昔から批判を受けています。やはり番宣は視聴者にとって鬱陶しいものでしかありません。

先日、ド深夜のバラエティ番組「ゴッドタン」にドラマ番宣で女優さんが出演したケースがありましたが、出演者は「視聴率1%の番組に出て、何の効果があるの?」と首を傾げていました。

ここまでくるとさらに一周回ってむしろ面白いのですが、もう効果とか関係なく習慣でやっているのだなという思いが強くなりました。

最近は「CMまたぎの引っ張りやめます」や「視聴率狙いの中途半端な番組開始時刻の編成やめます」など、視聴者にとっての不快を取り除くことで、テレビ局の好感度を上げる動きもよく見られます。

現実的に、バラエティにおいてドラマの効果的番宣ができないのであれば、惰性で習慣を続けるのではなく、一度やめてみてはいかがでしょうか。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/