〔PHOTO〕gettyimages

アジアの新皇帝を目指す習近平の「札束外交」が止まらない

南シナ海の暴挙もなかったことに…

「権力の絶頂」の匂いプンプンで

「外交はカネで買えるのか?」――。

この古くて新しい問題を再提起したのが、今年のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)だった。中国がカネの力にモノを言わせて他国を靡かせていく、俗に言う「札束外交」のことだ。

思えば1980年代から90年代の前半にかけて、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった金満日本に対して、第二次世界大戦後の秩序を構築した米欧諸国の人たちが、同じ問いを発していたものだ。あれから数十年の時を経て、いまやわれわれが、日増しに肥大化していく隣国に対して、同じ思いを抱くようになった。

11月のアジアは、APEC、東アジアサミット、ASEAN首脳会議と続く外交の季節である。10日、11日に、ベトナムのダナンで開かれた今年のAPECの主役は、初めてアジアを歴訪したトランプ大統領でも、来年3月の大統領選で再選を狙うプーチン大統領でも、「インド太平洋戦略」という新たな外交戦略(中国包囲網)を引っ提げて臨んだ安倍晋三首相でもなかった。主役はまさしく、「アジアの新皇帝」を目指す習近平主席だったのである。

そもそも、このベトナム中部のビーチは、首都ハノイよりも、むしろ中国南端の海南島からの方が、格段に近い。南海艦隊の巨大な基地がある三亜から、わずか230㎞の距離だ。そのため普段から、中国人観光客たちがビーチを「占拠」していて、後背地では中国企業の工場進出ラッシュが続いている。

APECのメイン会場となったのは、美しいビーチ沿いに先月完成したばかりのアリヤナ国際会議場だった。1万2000㎡もの広さを誇る国際会議場でも、同じく会場となった北側に隣接するフラマホテルでも、習近平主席は、ふてぶてしいほど威風堂々、皇帝然と振る舞っていた。あまりヤル気のなさそうなトランプ大統領、顔色が冴えない安倍首相と対照的に、「権力の絶頂」の匂いプンプンである。

習近平主席ら中国代表団は、メイン会場の南側に隣接するクラウン・インターナショナルホテルに陣取ったが、そこへは各国首脳がひっきりなしに訪問し、APEC関連行事の合間に行った首脳会談も、分刻みだった。

 

11月10日午後、APECのCEOサミットが開かれていたメイン会場は、2000席すべてが埋め尽くされていた。お目当ては、北京から駆けつけたばかりの習近平主席である。主催したベトナム政府は、わざわざ習主席の到着に合わせて、CEOサミットの開始時間を遅らせる配慮まで見せた。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら