「不動産屋の仲介手数料は値引きできない」はフェイクだった

プロが教えてくれる取引の裏側
榊 淳司 プロフィール

「手数料半額」を信用して大丈夫か

では、以上のような手法が使えない人は、やはり満額の手数料を支払わなければならないのか。実は、まったくそんなことはない。もったいぶるようだが、誰でも通常の半額、あるいはさらに低い手数料率で不動産を売買できる手法があるのだ。

それは、自ら「手数料半額」を打ち出している仲介業者に依頼するやり方だ。特に競争の激しい東京地区では、手数料の割引を謳う業者は複数あって激しく競合している。インターネットで「不動産仲介手数料」「手数料」「割引」などのワードで検索すると、すぐに見つけられる。

ただし、いろいろと気をつけるべき点があるのでご注意いただきたい。

手数料割引業者はやや乱立気味で、規模も小さなところが多い。だから、本当に売買取引が成立しそうな場合は熱心に案内をしてくれるものの、そうでないと推測された場合は対応がイマイチだったりする。

特に、こちらが買う側である場合、仲介業者が売る側からも手数料を取る「両手仲介」を狙って、他の業者からの案内を排除する「囲い込み」を行っているケースがある。囲い込まれている物件は、他の仲介業者を通して案内してもらうことはできない。本来、囲い込みは法律で禁止されているのだが、実態はまた異なることもある。

また、「手数料半額」を掲げつつも、「銀行への紹介手数料」といった本来の手数料以外の支払いを要求されるケースもある。

「3%以内でかかった分だけご請求します」と打ち出している業者もある。契約にいたるまでのやり取りをする過程でさまざまな料金が積み上がって、なんだかんだで最終的に2.5%くらいになってしまうので、「0.5%の僅差なら安心感のある大手へ」と考える人も多いはずだ。

 

高いとも安いとも言えない

いろいろな手数料割引業者がいるので、もし身近にいるのなら、業界に詳しい人に素直に尋ねるのも一つの手。私もこんなメール相談を受けたことがある。

「□□ウェブサイトに広告が出ている、仲介手数料半額の業者は信用できますか? これから合計5億円分くらいの不動産を売りたいのだけれども、普通に手数料を払うと1600万円以上もかかってしまう。半額節約できるなら、馬鹿にならないので」

私はたまたま、その割引専門の仲介業者を知っていた。経営者は「囲い込み」や「両手仲介」を忌み嫌う、不動産業界では珍しい正義感。だから「大丈夫ですよ」と相談にはお答えしておいた。その後、順調に売却が進んでいると聞く。そういう割引業者もいるのだ。

「3%+6万円」が高すぎるから、こういうややこしいことが起きるのだろうか。

それは違う、と私は考えている。現在の手数料上限は、一概に高いとも安いとも言えない。たとえば、3000万円クラスの中古マンションを100件案内して購入してくれなかったら、たとえ101件目に決まったとしても、不動産業者の人件費は完全に赤字だ。逆に、3件目で1億円クラスの物件購入を決めてくれた場合、300万円超の手数料はいくらなんでも高すぎるだろう。

この硬直的な「3%+6万円」という手数料は、今後見直していくべきではないか。