〔PHOTO〕gettyimages

ドイツ最高裁がついに「第三の性」を認めた事情

性別は自分で決めて取得する時代に?

出生届には性別を書かなければならない。当たり前のことのようだが、稀に、それが当たり前でない時がある。

性を決める染色体は、男性はXY、女性はXXの組み合わせだが、ときにXXYとか、XXXYなどという変異がある。とはいえ、本人も周りもそれにまったく気づかず一生を送ることもあれば、一方で、出生時、はっきりと形状に表れるケースもあるという。

男と女の判別ができないと、病院も困るが、親はもっと困る。遅くとも出生届の提出時には、どちらかに決定しなければならないからだ。

そこで、ドイツでは2013年から、出生時に性別が判然としない場合は、出生届の性別欄を空欄にすることが認められている。しかし、これでは保留、あるいは無性ということになる。

染色体が証明する「中間性」

ヴァニア(27歳)は女の子だった。親が悩んで届けたわけではない。しかし、すでに幼稚園で、自分を女の子ではないと感じたという。戸籍の性別と自認の性別が合わなくなっていたわけだ。

思春期になっても、他の女の子のように胸が膨らむこともなかった。病院で調べたら、ヴァニアの性染色体はXだけで、もう一つが欠けていることがわかった。そこで女性ホルモンを投与されたが、自分の性に対する違和感はさらに大きくなるだけだった。

そこで、ヴァニアは男になることを決断する。女性ホルモンがテストステロン(男性ホルモン)に変えられた。「今の姿の方が落ち着く」とヴァニア。髭を蓄えた「彼」は男性だ。しかし、完全に男性であると感じているわけでもなく、「ちょうどその中間の感じ」なのだそうだ。よく見ると、わずかに胸の膨らみも見える。

そうするうちに、ヴァニアは次第に自分の置かれている立場に納得できなくなった。染色体に現れているように、自分は男性でも女性でもない。つまり、性別は2種類だけではないのだ。

だったら、男性でも女性でもない性が存在するということを、法律でちゃんと認めるべきではないか。ヴァニアは裁判所にそれを訴えた。しかし、地方裁判所でも州の最高裁でも訴えは退けられた。そこで憲法裁判所(国の最高裁に相当)に上告した。

ドイツには、ヴァニアのように性染色体に異常を持っている人が、推定で8万人いると第一放送のオンラインニュースは報じる。1000人に一人だ(ディ・ツァイト紙では10万人、シュピーゲル・オンラインでは8~16万人と報道)。要するに、XX、XYという組み合わせ以外の性染色体を持つ人の数だ。

11月8日、憲法裁判所はヴァニアの訴えを認める判決を下した。それによれば、原告(ヴァニア)は性別がないわけではなく、「性」を自認している。ただ、その自認した性が、男性の範疇にも女性の範疇にも入らない「第三の性」である。第三の性が存在することは染色体が証明している。

だから、出生届には第三の性が付け加えられなければならない。そうでなければ、性による差別となる。つまり、現行法のままでは、基本法(憲法に相当)が保証する人格権や、基本的人権に抵触する。

そこで立法機関は、2018年の終わりまでに、出生届の際、男性、女性とならぶ、第三の性を整備しなければならなくなった。さらに、その第三の性は、inter(中間)、divers(多様)など、肯定的な名称でなくてはならない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら