日本人女性としか付き合わないなんて、和食しか食べないようなもの

こうすれば貴兄も外国人女性をオトせる
ジーコ 藤壺 プロフィール

レディーファースト&ボディタッチ

とっておきの手を教えよう。

これは俺が電車に乗っていた時にひらめいたアイデアだ。電車のドアの窓に貼ってあった広告。そこにはこんなことが書かれていたのだ。

英会話学校、無料体験入学、受付中!

その英会話学校は都内に何校も抱えていた。早速俺は何校か行ってみて、無料体験入学を試みた。そこで実際に英会話教師の女性と知り合い、クラブ遊びをしてみたいって言う女教師を誘って、一緒に夜遊びに出かけた。

photo:著者提供

ちなみに、無料体験で男性の教師が出てきた場合。慌ててはいけない。俺は男の先生に日本人の女の子を紹介するからと言って、そいつに外人の女の子を紹介してもらったことがある。これぞ交換留学だね。男同士だとギブ&テイクが成立しやすい。お互いがWIN WINになるということを身をもって体験できた良い例だ。

あとはこんな手がある。

一人で外専活動を行うのはなかなか大変だ。だから同じ志を持った男の仲間を探すといい。そこで俺が目をつけたのは、外人女性モデルにいつもくっついている男たちの存在だ。昼間も見かけるし、夜遊びのクラブでも見かける。彼らは外人モデルの女性たちのマネージャーであった。つまり外人女性モデルを管理している事務所の人間だ。

俺はそいつらと仲良くすることにした。数ある仕事の中から外人モデルのマネージャーを選ぶくらいだから、彼らだってやっぱり外人女性好きなのではないか? 俺の勘は当たった。そして当然すぐに意気投合した。仲良くなったら、メシでも夜遊びでも彼らに声をかければいい。

「ちょっとモデルたちとメシ食いに行こうよ」。

「ちょっと面白いパーティがあるから行こうよ」。

 

そんな感じで声をかけると、そのマネージャーが何人か外人モデルを連れてきてくれるようになった。

外人女性との出会いが始まったら、次はデートとかSEXにステップを進めたい。

英語でガンガン話せるヤツなら話は別だけど、日本人男性はシャイな人が多いから、なかなかここからのステップアップが難しい。そんな時はどうするか?
とりあえずスキンシップを図ることだ。

まずはレディーファーストを徹底してほしい。これも日本の文化にないものだから、難しいんだけれど、とにかく、彼女をエスコートしたり、彼女の荷物を持ってあげたり、彼女のためにドアを開けたり……。彼女のことを常に見守ってあげて、いろいろ気づいてあげて、いろいろしてあげる。

ここでだ。さりげなくボディタッチをするのだ。

例えば、彼女を「ドーゾ」って感じで前にエスコートする際にさりげなく腰を触ってみる。それで嫌がられなかったら引き続きボディタッチすればいい。ショッピングの時も、試着の時に帽子をかぶせてあげたり、靴を履かせてあげたり、ジャケットを着せてあげたり。

もうボディタッチしまくりである。自分の好きな音楽を彼女に聴かせたい時だったら、彼女の髪をかき分けて、彼女の耳にイヤフォンをつけてあげたりなんていうのもいい。一緒に歩いている時だって、「車が来るから危ない」なんて言って、手を引っ張ってあげて、肩や背中、腰なんかを引き寄せてあげてもいい。

いろんな場面でボディタッチのチャンスはいくらでもある。しかも「この人、日本人なのにちゃんとレディーファーストができてる」と思われるから最高だ。

飲んでる時はさらにボディタッチが自然で親密なものになりやすいね。触って、身体をもっと近づけて、手で腰を寄せて、背中あたりをちょっとくすぐってみたりして。そこからそのまま自然にキスになることも多いよ。

「あれ、いいんだ?!」

当然そう思うよね。そしたらもうレッツゴーだね。