撮影:立木義浩
# AD special

シングルモルトの「虎の穴」で、テイスティングを猛特訓

タリスカー・ゴールデンアワー第8回(前編)

提供:MHD

今回のゲストである曽我誠さんは、古いウイスキー仲間の間では「デンちゃん」と呼ばれている。名前に「デン」と読める文字などないのに、どうしてこのようなニックネームが付いたのか、わたしはずっと不思議に思っていた。

ところが今日、名刺をいただいた瞬間に、謎が解けた。曽我さんはNTTドコモに勤務しているのだ。曽我さんは大学の工学部を卒業すると真っ直ぐNTTに入社し、現在は、ドコモの情報システム部門に勤務している。

ご存じの通り、NTTグループの前身は「電電公社」である。だから曽我さんは「デンちゃん」と呼ばれているのだろう。あるいは「電話屋さん」だからだろうか。いずれにしても、「デンちゃん」とはなかなかいい響きではないか。

(構成:島地勝彦、撮影:立木義浩)

* * *

シマジ: はじめまして、と言いたいところですが、曽我さんにはもう何度もお会いしていますよね。

曽我: はい。わたしは名乗るほどの者ではありませんから、伺った先でシマジさんをお見かけすると、ウイスキー仲間のキヨちゃん(谷川聖和)によくメールを送っています。

「また君のオヤジがヘルムズデールにきているよ」とか、「いまパナセにいるよ」とか、シマジさん情報を逐一報告しています。ですから、シマジさんにとってわたしは、“ステルスマン”ですね。山岡秀雄さん主催のテイスティング会でも、2度ほどシマジさんの姿をみかけています。

シマジ: お願いします。今日でステルスマンはやめて、わたしの姿をみたらちゃんと声をかけてくださいね。

曽我: ですから、わたしはこの連載に出るのを躊躇していたんですよ。ステルスマン行為はまるでスパイになったようでけっこう面白かったんですが、こうなったら仕方がないですね。

シマジ: タニガワから電話がかかってきて、「オヤジ、昨夜はヘルムズデールにいたでしょう」と、得意げに言われたことが何度もあって驚いていたんですが、犯人は曽我さんだったんですね。

早速、曽我さんのウイルキー歴をお訊きしたいところですが、その前に、こちらが立木先生で、こちらは相棒のボブ。それからこちらが編集担当のヒノです。

曽我: 立木先生、本日はよろしくお願いいたします。

立木: こちらこそよろしくね。デンちゃんって呼びやすくていいね。おれも今日はデンちゃんって呼んでいい?

曽我: どうぞ、どうぞ。

シマジ: 曽我さんはボブのことは当然ご存じですよね。

曽我: はい。ボブがSトリーのMカランのウイスキーアンバサダーをやっているころから存じ上げております。

ボブ: 曽我さんはぼくよりもウイスキーにお詳しい大ベテランです。とくに古いシングルモルトの造詣が深いんですよ。

ヒノ: 曽我さんはボブのお墨付きをもらうほどのウイスキー通なんですね。

曽我: いえいえ。ただ古くから飲んでいるだけです。だからもう、レアなものは全部飲んじゃって家にはありません。むかしは、ウイスキーがこんなに高騰して入手困難になるとは思っていなかったので、けっこう気軽に飲んでいたんですよね。いま考えるともったいないことです。

シマジ: 失礼ですけど、曽我さんはいまおいくつなんですか?

曽我: ちょうど50歳になったばかりです。

シマジ: じゃあ、何歳くらいからウイスキーの魔力に取り憑かれたのですか?

曽我: たしか30歳前後だったと思います。でもはじめのころはシングルモルトではなく、ジョニーウォーカーとかバランタインとか、そういったブレンデッドウイスキーしか飲んでいませんでした。シングルモルトの世界に足を踏み入れたのは、97年か98年ぐらいのことです。

ボブ: 曽我さんはシングルモルトが高騰する前から飲まれている幸運の方なんです。

曽我: それはよく言われます。当時はポートエレンだって、ブローラだって、2,3万も出せば普通に買える時代でしたからね。

ボブ: そうでしたね。では、タリスカースパイシーハイボールで乾杯しましょう。

立木: ちょっと待って。ボブスタイルのポーズは前回と一緒になっちゃうからいらないよ。3人並んでグラスを前に持ってレンズをみてくれる。

ボブ: 承知いたしました。ではこの構えで、いつもの「スランジバー! アルバ、ゴブラ!」をやりましょう。

立木: デンちゃん、もう少しグラスを高くあげてくれる。デンちゃんって、なんか響きがいいね。気に入った。

曽我: 立木先生から古いニックネームで呼ばれるなんて光栄至極です。

シマジ: でもデンちゃんは古いウイスキーラバーたちからすごく尊敬されているんですよ。

曽我: それはただ、いろんなモルトの会合にしょっちゅう顔をだしているからですよ。

ボブ: ではご一緒に。スランジバー! アルバ、ゴブラー!

一同: スランジバー! アルバ、ゴブラー!

海が育んだシングルモルト スコッチウイスキー
タリスカー 10年(TALISKER 10 YEARS)

スカイ島が誇る、金色の蒸留酒。ピートと海潮の力強い香りとスモーキーな甘さを持ち合わせた、まさに男性的なモルトです。爆発的かつ複雑な香味の特徴が人々を惹きつけてやみません。