『72時間ホンネテレビ』リスクもハンデも乗り越えた末の大成功

「世界に一つだけの花」から「72」へ
松谷 創一郎 プロフィール

リスクとハンデを乗り越えた

最終日は、朝から科学実験や爆破実験、さらに稲垣吾郎の疑似結婚式など、従来のバラエティ番組らしい企画が続いた。大量のコーラにメントスを入れる企画が大失敗に終わり、疑似結婚式もいまいちその趣旨がよくわからなかった。

だが、これらの失敗の意味を噛みしめることこそが、大成功だと感じさせる内容だった。

盛り上がったのはフィナーレの「72曲ホンネライブ」だ。SMAPの歌は一曲も披露できない制約のなか、またかなり体力的にもボロボロのなか、3人は72曲を歌いきった。

本人たちも認めるようにそのパフォーマンスの質はけっして高くはなかったが、もはやそれはだれにとってもどうでも良い問題に思えたはずだ。ここまでの70時間弱を頑張り抜いてきただけでなく、この新しいチャレンジを大成功に導いたからである。

『72時間ホンネテレビ』は、大きなリスクをはらむ企画だった。

メディアは一般に浸透しているとは言い切れないインターネットテレビであり、さらに大手芸能プロダクションを離れた芸能人がインターバルを置かずに仕事を再開することは極めて異例だ。

実際、この番組には吉本興業のタレントがひとりも出演せず、3人の口から「SMAP」という言葉が発せられないなど、芸能界の政治力学も十分に垣間見えた。しかし、そのハンデがあっても3人はこの勝負をものにした。

 

「世界に一つだけの花」から「72」へ

昨年末、『SMAP×SMAP』の最終回を見届けた後、筆者は、「地上波テレビの葬送曲となった『世界に一つだけの花』」という記事を書いた。そこでは、最後にこう記した。

SMAPのメンバーがもしジャニーズ事務所を辞めて、地上波テレビでの活動を制限されたとしても、いまは十分に活躍の場はある。

SMAPの終わりはたしかに地上波テレビ時代の終わりではある。だが、新しい時代の幕開けになる可能性が高い。古き時代が終わり、新しき時代が始まるのである。『スマスマ』最終回で歌われた「世界に一つだけの花」は、結果的に地上波テレビ時代の葬送曲だったのである。

この予言のとおりになった。

地上波の放送局は、今回のことからさまざまなことを学ぶ必要があるだろう。もはや、自分たちがメディアの中心にはいないことを、そして、みずからが構築してしまった多くの“ギョーカイの常識”に自縄自縛になっていることを。

インターネット(通信)であろうが放送であろうが、テレビに必要なのはムラ社会の掟に拘泥することではない。しかも「共演NG」をちらつかせて業務を妨害する芸能プロダクションに対し、公正取引委員会は検討会を立ち上げて注視し始めた(「公正取引委員会が注視し始めた芸能界──SMAP、能年玲奈、清水富美加、相次ぐトラブルは改善されるか」)。

テレビ局にとって、目指すべきことはごくシンプルだ。視聴者により良い番組を届けることだ。『72時間ホンネテレビ』はその原理(ホンネ)に忠実であろうとし、さまざまなチャレンジをしたからこそ支持された。そこで散見された失敗も、さらなる飛躍の糧になるだろう。

「72曲ホンネライブ」で最後に歌われたのは、3人の新曲「72」だった。小西康陽による「ずっとずっと こんなふうに遊び続けよう 君が喜んでくれるのが 一番嬉しいから」という歌詞には、エンターテナーとしての彼らの思いが込められている。

「世界に一つだけの花」から「72」へ――そんな大きなパラダイムシフトが感じられた72時間だった。