撮影:立木義浩
# AD special

ドクターはシングルモルトを飲みながら、空想の旅に出る

タリスカー・ゴールデンアワー第7回(後編)

提供:MHD

⇒前編【ウイスキーに出会ったきっかけは「失恋」でした

(構成:島地勝彦、撮影:立木義浩)

シマジ: いま夜久ドクターの自宅には何本くらいウイスキーがあるんですか。

夜久: この連載に登場している多くの方の足元にも及ばないので恐縮なのですが、正直に言いますと、700本ぐらいまで数えてあるんですよ。

ボブ: そんなにあると数えるのも大変ですね。

夜久: ですから、そこからもう数えたことがありません。ここ数年はずっと「700本ぐらい」と言い続けています。

シマジ: ウイスキー歴がたったの7年なのに、よくそこまでのめり込みましたね。

ヒノ: 本当に。いつもどういうところで買っているんですか?

夜久: 普通に酒屋さんに行ってボトルをみてから買うパターンが多いですが、オンラインストアで買うこともあります。

シマジ: じゃあ、情報収集をするためにしょっちゅうネットをチェックしているんですね。

夜久: もう、しょっちゅうみていますよ。やっぱりウイスキーの好事家の集まりなので、もの凄い量の情報が入ってくるんです。限定品だったり人気のボトルだったりすると、手に入れられるかどうかは時間との勝負になりますし。

シマジ: そこまでいくと、ウイスキー病も重篤ですね。

夜久: はい。ホントに病気です。これは難病ですね。

ボブ: (ささやき声で)ずっと治らないでいいですよ。

夜久: 治らなくてもいいですか? アッハッハッハ。

立木: ガンジードクター、その笑顔いいね。ハイ、OK!

ボブ: 是非そのままでいらしてください。ではここで、夜久さんがいちばん最初に飲まれたタリスカー18年をおみせしましょう。

夜久: マジですか!? もしかしてファーストロットですか?

ボブ: いや、残念ながら、これは最近のものです。

夜久: たしかによくみると新しいラベルですね。

ボブ: あと、カリラのディスティラーズ・エディションがあります。こちらは年に一回、1バッチだけ造られている商品です。モスカテルシェリー樽で後熟していて、カリラのクリーンでスモーキーなフレーバーに、豊かで複雑なフルーティさが加わっています。普通に酒屋さんで販売していますよ。

シマジ: すごい! ドラえもんのポケットみたいに何でも出てくるんだね。ポートエレンだって隠しているんじゃないの。

ボブ: 企業秘密ではなく、それはありません。今日のメインのウイスキーはカリラ12年です。こちらを飲んでみてください。

シマジ: ではエアレーターでトワイスアップにしてください。

ボブ: はい、畏まりました。どうぞ。

シマジ: カリラってやっぱり美味いウイスキーですね。オリーブのようなこのオイリーさがいいですね。

夜久: ああ、カリラ12年を飲んだの、久しぶりです。美味しいです。

ボブ: じつは先週、アイラにちょっと行ってきたんですよ。アバディーンから入って、クラガンモアに寄って、スカイ島のタリスカー蒸留所へ行って、その後、アイラ島に行きました。

夜久: ボブさんはスコットランドにちょくちょく行けていいですね。役得ですね。

ボブ: はい、おかげさまで。

夜久: ボブさんの専属医としてついて行きたいです。秘書でも荷物持ちでもなんでもやりますよ(笑)。

ボブ: そこで珍しいことがありました。ぼくは毎朝10キロくらいランニングをしているんですが、その日、アイラ島で走っていたら、なんと羊が一緒に走ってくれたんです。最初は逃げてるのかなと思ったんですが、しばらく横で一緒に走ってくれたんですよ。

夜久: 羊って意外と早いんじゃないですか。

ボブ: 本気を出せば相当なものだと思いますが、羊たちはぼくの遅いペースにちゃんと合わせてくれました。じつに感動的で気持ちのいい朝になりました。

夜久: 牧歌的で、想像するだけで愉しそうな光景ですね。

ボブ: アイラ島はいままで人口が3000人くらいと言われていましたが、最近3500人に増えたと言っていましたね。

シマジ: むかしはアイラ島のおまわりさんはたった1人だと言われていました。いかに治安がいい島かということでしょうね。あんな小さな島で悪いことしても逃げられませんしね。

夜久: ぼくは毎晩、スコットランドのあちこちのシングルモルトを飲みながら、空想の旅はしているんですが、じつはまだ行ったことがないんです。スペイサイドにも、スカイ島にも、アイラ島にもいつか行ってみたいと思っているんですが。

アイラ海峡を望む地で生まれる軽やかかつスモーキーな味わい
カリラ 12年(CAOL ILA 12 YEARS)

フレッシでフルーティ、スムーズなボディ、淡い麦わらのような色とデリケートなバランスの味が特長。クリーンで食欲をそそる香りの中にかすかな柑橘系のフルーツと、ほんの一筋のスモークが包まれています。