小泉進次郎に直接聞いてみた。「今回の選挙、疲れませんか?」

「一日一生、その言葉をかみしめてます」
常井 健一 プロフィール

「一日一生」

――公示後3日目にして、初めてネクタイを締めました。どうしてですか。

今日は北海道で、寒いから。寒いのにクールビズって、ズレていませんか。日本ってそういうところにも形式主義が現れているなと思うのは、クールビズって義務じゃないんだから、ネクタイをしたい人はすればいい。

なのに、『クールビズだ!』と決めちゃうと、ネクタイは締めてはいけないという雰囲気になってしまう。それって日本らしいと言えば、らしいけど、自分の頭で考えてやればいいと思う。

だから、私はクールビズ期間じゃなくてもネクタイを外している時があります。それで党本部に行くと、他の先生から「あれ、小泉さん。クールビズじゃないよね、今」と言われることがある。いや、クールビズ期間であろうとなかろうと、党本部ではネクタイしてもしなくてもいいじゃないですか。もちろん、国会の委員会や本会議ではネクタイを必ず締めますよ。でも、自分で締めたい日と締めたくない日というのもあるんですよ。

あくまで腰は低く(筆者撮影)

――そういえば、クールビズは小池百合子さんが環境相時代に導入したものでした。

また、思いがけない質問が(苦笑)。他意はないですよ。クールビズはありがたいと思っています。ああいう文化は作ってくれて、良かったですよ。

――今回のスケジュールもハードです。多い時で一日に8か所。演説の時間以外はずっと走って移動しています。せっかく地方に来ながら、名物を食べる暇もなさそうですね。

今夜も夕ご飯は、新幹線の中で弁当です。今回は弁当が多い。しかも、車の中で(苦笑)。(7日の)大阪の時は、お好み焼き屋に寄ろうとしたけど、寄る時間がなくなってしまって、お店の方に言って、急きょ車の中で食べられるようにしました。「すみません、食べる時間ありません。作ってください!」とお願いして。

 

――選挙中は毎日睡眠不足だと思います。朝は7時台の電車や飛行機に乗って、ホテルや自宅に戻るのは日付をまたぐ頃。疲れませんか。

毎回の選挙中は『一日一生』という言葉を毎日噛みしめていますよ。一日一生とは、比叡山にいた大阿闍梨の酒井雄哉さん(故人)がよく色紙に書いていた言葉で、酒井さんの著書のタイトルにもなっている。千日回峰行というとんでもない荒行を二回も達成した方ですよ。

一日一生。今日も噛みしめました。今日は8か所も演説で回って、「ひと仕事、終わった」という気分じゃなくて、「今日も生き延びた」「今日も無事だった」っていう感じですね。夜は、携帯の充電が切れるみたいに眠りに落ちる。気絶に近い。電車のシートの温かさとか、やばい。寝落ちしそうになります。

――街頭に立っていて、これまでの選挙の雰囲気との違いは何か感じますか。

今回はどこに行っても思うのは、みなさん、よく集まってくれますよね。例えば、大阪は今までは自民党にとってアウェイだから、街頭に立つと冷ややかさ、冷静さを感じていました。

でも、今回は違いました。自民党の演説会に、あんなに人が集まってくれる大阪は、今回が初めてですね。大阪以外でも、同じことを感じますね。ありがたいです。今夜の函館でも、夜の駅前にあんなに人が集まることは、なかなかないでしょう。