女体盛りに最高級美女…訪日中国人用「無資格ガイド」のカオスな世界

こんなことになっていたとは
安田 峰俊 プロフィール

特殊部隊OB(自称)激ヤバサービス…

個人ガイドというより「業者」の匂いがする例も多いが、アクティビティそれ自体は興味深いところだろう。地方でのガイドには、上記以外でも在日経験が長い中国人(日本人の奥さんなどが多いと思われる)がアレンジしている例が多々見られる。今後、訪日リピーター客が増えて、行ったことのない地方を開拓する動きがもっと強まると、意外な地方創生の市場を開拓してくれるかもしれない。

また、ツアーの種類を眺めるだけでも、中国人観光客が日本で求める体験がどういうものかがなんとなくわかる(剣道・和服・忍者体験などもある)。インバウンドに関心を持つ日本人にとっては勉強になるサイトとも言える。

……もっとも『8只小豬』の情報をより詳しく掘っていくと、明らかにヤバい感じの夜の匂いや、その背後に広がる在日チャイニーズ・シンジケートの深淵を想像させるアクティビティも多々見つかる。例えば以下のようなものだ。

【5.日本風俗体験】

価格:1200元(約2万円)/1日

サービス提供者:2008年に留学してから日本在住

内容:大阪で日本の風俗文化を体験しましょう。予約制。18禁。

→ガイドはひとクセありそうな関西在住の在日中国人。空港への送り迎え(白タク)や予約代行、民泊の紹介などさまざまなサービスを提供しており、車はやっぱりアルファード。ガイド専門で食っているらしく、各方面に手を広げていて利用者の評価数も多い。関西の中国人無資格ガイド業界の闇のホープと呼べるかもしれない。

【6.ニッポンの神秘 魅惑の女体盛りグルメ】

価格:女体盛り6000元(約10万円)/1人 民泊で宴会コース26000元(約44万円)

サービス提供者:日本在住16年めの丸刈りのゴツいおっさん

内容:女体盛りとは、少女の身体を器として寿司を盛る日本の宴会のことです。神秘の女体盛りを楽しみましょう。女体盛りするのは日本の女性で、ほか中国人女性がお酒を注ぎに回ります。会場は千葉県の温泉旅館と東京の民泊をご準備。もちろん食後はお楽しみです。

→ガイドのコワモテのおっさんの他のサービス項目を見ると「富士山スキーでお子様と楽しい体験を」というハートウォーミングなツアーも混じっていてカオスである。ちなみに上記の女体盛り体験には顧客のレビューが付いており、「2人で予約したのに突然人数が4人になったのですが、ガイドさんがちゃんと対応してくれて感謝です!」と五つ星の評価がついていた。闇が深そうなアクティビティなのに、良心的な仕事をしているようだ。

【7.最高級美女ガイド、プライベートでどこでもいっしょ】

価格:10000元(約17万円)/1人

サービス提供者:黒龍江省出身のスキンヘッドのおっさん

内容: 花のような日本人美女がプライベートでどこまでも付いていって楽しい旅をサポートします。学生・OL・ショップ店員・人妻などを取り揃え、みんな英語が話せて外国人が大好きです。日本の女の子から前代未聞の体験を、皇帝が受けるようなサービスを!

→他に「日本のソープランド体験」という驚愕のド直球ツアーも実施中。ページ内に中国語で会社のビラが貼ってあり、明らかに組織的だ。代表者は元人民解放軍特殊部隊教官だそうで(ほんまか?)、どう見てもカタギの商売人とは思えない。1人あたり17万円という価格を考えても、この「日本人美女」のサービス内容に怪しい何かが準備されているのは明白であろう。……やっていいのか、これ?

笑いが止まらない人々

ところで、本記事では一連の在日中国人無資格ガイドたちについて「2017年現在では違法」といった書き方をしてきた。というのも、実は今年5月に通訳案内士法が改正され、来年1月4日からは通訳案内士資格を持たない人が外国語でガイド行為をおこなっても問題なしということが決まったからだ。

通訳ガイド、無資格でも 外国客急増で 質低下の懸念も:(www.asahi.com/articles/ASK5C03BBK5BUTIL04F.html)朝日新聞デジタル

進駐軍がいた時代に作られた通訳案内士法は現代の実情と合わず、規制緩和はやむを得ない面があるのも確かである。ただ、従来の通訳案内士試験は結構な難関だったので、資格取得者はやってられない話だろう(法改正後も「国家資格は残し、より質の高い案内士として活用する方針」とのことだが、おためごかし感が強い)。

photo by iStock

さておき、本記事で紹介した在日中国人無資格ガイドのみなさんは、なんと来年1月からは晴れて合法的にビジネスを展開できることとなった。

イリーガルな状態から合法的な状態に変わること(例.不法滞在者が在留資格を取得するなど)を中国語で「黒転白(ヘイヂュアンバイ)」と呼ぶが、彼らはまさに日本政府のお墨付きで「黒転白」を果たしたというわけである。

名実ともに合法化されることで、ガイドマッチングサービスを通じた在日中国人のインバウンド向けビジネスは(スキンヘッド兄貴たちのシノギを含めて)今後いっそうの盛況となることが見込まれる。ちょっと釈然としない話だが、ともかく現実はそのように進んでいくようなのである。