Photo by gettyimages

W杯までのあと8ヵ月で、日本代表がクリアすべき課題

一戦一戦が最終調整になる

日本代表がロシアワールドカップの出場を決めました。まずは厳しい予選を戦い抜いた選手たちに「おめでとうございます」と言いたいです。

さて、本番までおよそ8ヵ月。年内にはいくつか試合が組まれています。W杯本戦までの貴重な時間をどう過ごせばいいのでしょうか。
 
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はコンディションを重視してメンバー選考を行うタイプです。これからの8ヵ月はクラブチームでの過ごし方がより重要になってくる。海外組の選手もしっかりと所属クラブで出場機会を確保して試合勘やコンディションを維持することが求められるでしょう。

 

真のチーム」になるチャンス

代表の活動スケジュールも今後は重要になってきます。まず10月6日に豊田スタジアムにてニュージーランド、10日に日産スタジアムにてハイチと試合が組まれました。今後の戦いを見据える上で、一戦一戦が最終調整になると言っても過言ではありません。
 
この2戦に本田圭佑らある程度計算ができるメンバーの招集は見送られました。親善試合だからこそ試せるメンバーもいます。特にセンターバックのバックアップは試すべきでしょう。好調の鹿島アントラーズでレギュラーを獲得しているDF植田直通あたりにはそろそろチャンスを与えても良いのかなと感じます。DF吉田麻也、DF昌子源の2人にアクシデントが起こってからでは遅いので、是非とも試合に起用してもらいたいです。植田は高さ、強さ、速さを兼ね備えたDFなので期待しています。
 
11月には欧州遠征が予定されています。ブラジル代表、ベルギー代表など強豪国との試合が組める可能性があるそうです。この遠征でバックアップメンバーを試しつつ、チームとしては格上との戦い方に磨きをかけてほしいです。世界レベルを相手に「今の自分たちには何が足りないのか」ということをしっかり理解する絶好の機会。僕はここで見つけた課題をクリアしてやっと、現代表が「真のチーム」になれるのではないかなと考えています。
 
アジア最終予選の初期は海外組に頼る場面が多かった中で、後半にはMF井手口陽介のような国内組の活きの良い若手が出てきました。欧州遠征はW杯に向けてさらにチームが結束するために必要不可欠です。今までアジアレベルの相手がほとんどだった中で、井手口のようなフレッシュな人材には強豪国を相手に存分に自分の力を試してもらいたいです。