新たな仮想空間「メルカリ経済圏」は可能か

メルカリ小泉社長×軍地彩弓【後編】
QREATOR AGENT プロフィール

循環型経済圏をつくる

軍地 日本は経済的に成熟した社会です。だから、メルカリのようなサービスが定着しやすかったのかなと感じています。世界展開を視野に入れて、アメリカやイギリスでは既にやられてはいますが、他の国にも広がるとお考えですか?

小泉 蚤の市などがヨーロッパでも盛んに行われている点から見ても、プロダクトのコンセプトとして難しいことをしている感覚はありません。クオリティが高いものが使われずに眠っている状況は、どこの先進国の家庭でも一緒です。

新興国には、ものが満たされていない段階の国が多いのでまだ早いですが、経済が成熟してきたら受け入れられると思っています。また、新興国が豊かになっていくと、大量生産、大量消費の中で世界中のリソースが逼迫し過ぎてしまい、サステナビリティ自体が危うくなる可能性があります。

将来的にはクロスボーダーの取引などを通じて先進国の物が新興国に流通することで世界全体が最適化されること、物の総量として無駄がなくなることを目指していますね。

Photo by shutterstock

軍地 循環することを大切にしているわけですね。

小泉 そうですね。”サーキュレーションエコノミー(循環する経済)"的な考え方がすごい大事だなと思っています。

加工をワンクッション挟む「リサイクル」よりも、「リユース」が一番環境にはやさしいと思っているので、家に眠っているものがメルカリを介して有効活用され、また価値の移転も起きているのは良いことだと感じています。

「時間」さえも売買可能に?

軍地 メルカリには、個人売買のメルカリサービスのほかにもサービスを展開されていますね。メルカリ以外のサービスについてもお話を伺えますか?

小泉 スキルや時間などのマッチングをする「メルカリ アッテ」、本やCD・DVDに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」、ブランド品に特化したフリマアプリ「メルカリ メゾンズ」を提供しています。これらはメルカリとIDで連携しています。個人が持っているのは物だけではなく、スキルや時間もあるので、物以外の売買でも、メルカリを使えるようにしたいです。

軍地 私は「メルカリ貨幣経済」に注目しています。小泉さんのおっしゃったように物や技術の交換を通じたユーザー間のコミュニケーションが活性化していくのはいいですね。