日本人は「微量元素」不足だった…生きるための「元素」を知ろう!

不足すると「賢者もおバカさんに」
桜井 弘 プロフィール

微量元素はなぜ大切か

体内に占める割合がごく微量であっても、その不足や欠損が重要な影響を健康に及ぼす例は少なくない。

たとえば、わが国の貧血症の患者数は約1000万人にものぼるといわれている。貧血症の種類にもいろいろあり、鉄欠乏性貧血(全体の60~80%)、悪性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血、続発性貧血など多様である。どの貧血症も、基本的には赤血球中のヘモグロビンが不足している。したがって、鉄剤を飲み、鉄を多く含む食事をとるようにと勧められる。

しかし、鉄剤を与えても貧血が治らない場合がある。そこで、実験用のラットに、動物の肝臓、レタス、トウモロコシの乾燥物を鉄剤とともに与えたところ、貧血が治ることが発見された。これらの乾燥物に銅が含まれていることがその理由だった。

こうした実験から、銅は貧血治療に有効であることがわかったのだ。その後、銅だけなく、亜鉛も必要であることがわかり、銅や亜鉛が体内におけるヘモグロビンの合成や輸送に関係することが明らかにされた。

さらに、悪性貧血には、ビタミンB12も関係していることがわかった。ビタミンB12は、コバルトを含む唯一のビタミンである。ビタミンB12が不足すると、骨髄でつくられる赤血球の形が正常でなくなるが、これらの結果は、ラットだけでなく、人でも同様だった。

ビタミンB12を多く含む食品(Photo by iStock)

貧血症は、鉄やヘモグロビンの不足と簡単にとらえられることが多い。しかし、実際には鉄に加え、銅や亜鉛、コバルトも関係しており、これら各元素がヘモグロビンの合成や輸送に複合的に働いていると理解されるようになった。

微量元素や超微量元素が不足しただけで、大きな健康被害が出ることもあるのだということが、お分かりいただけただろう。

もう一つの例を紹介しよう。

アメリカのプラサドは、イランで顔つきや身長、体重、性的発育などが10歳程度にしか見えない21歳の患者(小人症)を診察したとき、当初は鉄不足ではと疑った。

だが、いろいろと調べるうちに不足しているのは亜鉛であると考えた。亜鉛を投与したところ、小人症の患者の肉体的・性的発育に改善が見られ、不足していたのはやはり亜鉛だった。

亜鉛不足の原因は、パンにあった。彼らがイランで日ごろ食べていた未発酵のパンには、フィチン酸という化合物が多く含まれており、これが食品中やもともと体内にあった亜鉛と結合することで、亜鉛の吸収を抑えている、あるいは亜鉛の体外への排出を促していると理解されるようになった。

これは、人における亜鉛欠乏症を発見した最初の例であり、この研究をきっかけとして、亜鉛欠乏と食事の関係が注目されるようになった。