photo by gettyimages

今年の東京モーターショーは自動車業界「天下分け目」の号砲になる

各国の覇権争いが幕を開けた

出るか?サプライズの新技術・新製品

130年に1度の大変革期に突入したクルマとクルマ社会は、どんな姿に変わっていくのか――。

『BEYOND THE MOTOR』を掲げて、2年に1度のクルマの祭典『第45回 東京モーターショー 2017』(主催:一般社団法人日本自動車工業会)が、10月27日から10日間の日程で開催される。

 

主催者が目指すのは、内外の自動車関連産業の協力を得て、次世代のモビリティ(クルマ)社会がどこへ向かうのかという壮大なビジョンを、東京から世界に向けて発信することだ。

自動運転など新しい技術がもたらす大変革を紹介する展示スペースを設け、来場者に将来像を描くパノラマ映画や自動運転シミュレーターなどを体験してもらうほか、次世代のクルマ産業への参画を目指す素材・機械メーカーや電気通信会社にも展示と情報発信を促しているという。

現段階では内容は極秘とされているが、日本の自動車メーカー各社の展示も大きな目玉だ。ショーの趣旨に賛同して、軸足をこれまでの日本市場だけを意識した展示から、世界市場へのアピールを念頭に置いた発信に移すところもあるという。自動運転や電気自動車(EV)でサプライズの新技術や新製品が飛び出すかもしれない。

いまクルマの世界では、自動運転技術の開発・普及、ガソリン車からEVへの切り替えなど、技術革新の大きなうねりが押し寄せている。そうしたなかで、各国政府はなりふり構わず、自国メーカー・産業を育成・強化するための規制作りを本格化させている。

我が国も、他国の動きを指をくわえて眺めている場合ではない。国を挙げてどのようなクルマ社会を目指すのか、待ったなしの状況だ。

それだけに、今回のショーは、未来をひと足先に実感したい自動車好きのための恒例のイベントにとどまらない。多くのビジネスマンにとって、新たな産業の育成を目指す国際的な覇権競争の行方を探る機会になりそうだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら