丸山ゴンザレス、シリア難民の街「リトル・ダマスカス」を歩く

クレイジージャーニー裏日記
丸山 ゴンザレス プロフィール

トルコの中のシリアを求めて

リトル・ダマスカスをしばらく歩き回ると、営業している店の種類がある程度限定されているのがわかった。一番多いのは飲食店。次に雑貨・食料品店、理容理髪店といった具合である。

チラッと店内を覗き込むと、シリア人らしき男女がたむろしている。それほど人種の違いに詳しいわけではないので、トルコ人とアラブ人では、なんとなくトルコ人のほうが濃い感じがするぐらいでしか見分けることができない。ただアラビア語らしき言葉を話しているので、おそらくシリア人かなぐらいに思うことにした。

看板以外にはっきりとシリアの文化を感じられるようなものが見つからない。このままでは埒が明かないので、そのなかの一軒に入ってみることにした。ちょうど喉が渇いたのでカフェを選んだ。

看板はカフェなのだが、いまひとつ店の雰囲気がカフェっぽくない。どちらかというとBARのように感じられた。店内には20代半ばぐらいの若い男がいた。開店したばかりで客の姿はない。これはチャンスだと思い、話しかけるきっかけにと注文をした。

「コーヒーください」

店員の若者は「ちょっと待ってて」と言ってカウンターの奥に行った。どうやらカフェで間違いないらしい。ここで「酒しかない」と言われたらどうしようかとも思ったが…。

カウンターの方を見ていると、店主はジェズベという取手のついた鍋を炭火にかけだした。アラブコーヒーの伝統的な作り方ではあるが、動きがあまりこなれた感じがしない。むしろぎこちない部類に入ると言えるだろう。まだほかに客がいないこともあって、気になることを口にした。

「最近お店を始めたんですか?」
「はい。そうなんです」
「へえ。ところで、このあたりにシリアの人が多いって聞いたんですが」
「そうですね。私もシリアから来ました」

予想が的中はしたのだが、すぐに次の質問が出てこなかった。やはり難民に対して質問をするときは、ある程度内容を選んでしまう。私が逡巡している間に数名の老人たちが入ってきた。

 

すぐに彼らのところに注文をとりに行ってしまうだろうし、そうなったらあれこれと聞けるタイミングを完全に逸してしまいそうだった。迷惑を承知でもう少しだけ質問を続けた。

「戦争が原因ですよね。どうしてドイツに行かなかったんですか? そういう選択肢もあったでしょう」
「そうですね。戦争です。でもトルコが受け入れてくれました。ドイツまで行く必要はないですよ」

雰囲気が暗くなったので少し話題を変えることにした。

「英語、上手ですね」
「ありがとう。前はこういうお店じゃないところで働いていて、よく使っていたんだよ。でも今はトルコの言葉を覚えているから、英語はだいぶ忘れちゃいました」