東北楽天監督・梨田昌孝の「弱くても勝つ」技術

名将が流儀を語る
二宮 清純 プロフィール

島根県浜田市の出身。浜田高時代は強肩強打のキャッチャーとして2度甲子園に出場した。

本人は広島カープのファンだったが、'71年のドラフト会議で広島は同じキャッチャーの道原博幸(芝工大)を1位指名、梨田は近鉄から2位指名を受け入団した。

当時のエースは〝草魂〟鈴木啓示。プライドがユニフォームを着て歩いているような人物だった。

梨田の回想。

「最初は捕るのだけで一苦労。ミットの芯で捕ったつもりが上の方に抜けてしまう。そのくらいの伸びを感じました。捕った時にいい音が出ないと、よく怒られましたよ。〝おい、オレのボール、落ちてんのか〟って(苦笑)」

これで話は終わらない。

「で、何とか捕って返球したら、今度は〝手が痛い。やさしく放れ〟と。しかも構えたところに投げないと捕ってくれない。返球が逸れては走って捕りに行く。その繰り返し。返球でイップスになりそうでした(笑)」

3年目の'74年には115試合に出場してレギュラーの座を確保した。ところが4年目の'75年から'78年にかけ、出場試合数は2ケタにとどまる。ライバル有田修三との併用が続いたのだ。

とりわけ鈴木は有田を贔屓にした。なぜ、自分ではダメなのか?鈴木の答えはこうだった。

「ナシ、オマエのミットじゃ燃えんのや」

ピッチャーをおだて、その気にさせる梨田に対し、有田はエースといえども容赦しなかった。

「アンタ、こんなボールでよう200勝もできたな」

当然、鈴木はカチンとくる。それを励みにバッターに立ち向かったというのである。孤高のエースには〝鬼嫁〟が必要だったのだ。

弱小チームの近鉄を〝戦う集団〟に変えた男がいる。'74年に監督に就任した西本幸雄だ。阪急を5度のリーグ優勝に導いた闘将は、グラウンドに現れるだけで、あたりを睥睨した。

 

闘将・西本から継いだもの

以下は西本の下で8年間にわたってコーチを務めた仰木彬から聞いた話。

近鉄は'76年から'82年にかけて高知県の宿毛でキャンプを張っていた。南国高知といっても2月は寒い。山間部が近いため吹雪に見舞われることも珍しくない。

ある日、球場にはドラム缶が用意され、暖をとるため火をくべていた。と、その時である。西本のユニフォームに火の粉が降りかかった。

コーチのひとりがそれを振り払おうとすると、西本は「触るな。この火の粉はオレの闘志だ」と言い放ったというのだ。

そんな西本の薫陶を受けた選手のひとりに元近鉄監督の佐々木恭介がいる。'71年のドラフト1位。社会人から来たため梨田より歳は4つ上だが、同期生だ。

「梨田君は八方美人に見えるけど、芯は強い。仮面の下に鉄の気骨を持つ男です。そりゃ西本門下生やからね」

そして、こんなエピソードを口にした。

「あれは西本さんの1年目です。自主トレのランニングで野手組は投手組に引き離されていた。それを見た西本さん、いきなり鉄拳制裁ですよ。その中には梨田君も入っていた。でも、西本さんに殴られたメンバーが'79年の初優勝の立て役者になるわけです」