# AD special

進化が止まらない! 日産エクストレイル「自動運転技術」を体感してみた

これからのクルマは、楽しくてラクじゃなきゃ
プロパイロット起動時は、メーター中央の画面に周囲の状況や速度、警告などが表示される

使い方はとても簡単で、ハンドル右側に設置されたプロパイロットスイッチを押した後、セットスイッチでスピードを設定すればOK。

いったんセットすれば、ドライバーがアクセルやブレーキを踏まなくても、上り坂では適切に加速し、また前方に遅いクルマがあれば自動的に減速してくれる。また渋滞に巻き込まれたときも、普通のクルマならアクセルとブレーキを頻繁に踏み替えなければならないが、プロパイロット搭載のエクストレイルならば、その必要もない。

高速道路で設定速度を時速80キロにして、実際に運転してみた。

前方の車両がいない状態だと、自動的に設定速度まで加速し、車間が詰まってくればやはり自動で減速してくれる。カーブにさしかかると、細かくハンドルが動くことがよくわかる。常に車線の真ん中をキープしてくれるうえ、アクセルを踏み続ける必要もない。もちろんハンドルから手を離すことはできないが、一般的な運転に比べて、圧倒的にラクなことは間違いない。

「家族や友達とレジャーに出かける時、運転を担当しなければならない人は、どうしても行き帰りの運転で疲れてしまわないか、渋滞に巻き込まれないかが気になるものです。でも、『プロパイロットが運転を助けてくれる』と思えば、長距離の運転が必要でも、気軽に出かけることができる。肉体的な疲労だけでなく、精神的なストレスも減らすことができます」(遠藤氏)

エクストレイルなら、帰りの運転を気にすることなく、思いっきりレジャーやスポーツが楽しめそうだ。

縦列駐車も、自動制御が助けてくれる

運転をラクにしてくれる機能はそれだけではない。エクストレイルには、運転経験の浅いドライバーに優しい機能も満載なのである。

たとえば「インテリジェント パーキングアシスト」。駐車したい枠を指定すると、クルマが自動でハンドル操作をこなしてくれるから、ドライバーは指示に従ってアクセルとブレーキを操作するだけで大丈夫。縦列駐車にも対応していて、駐車の苦手なドライバーには心強い味方になる。

また、「インテリジェント ルームミラー」をONにすると、後部カメラの映像がミラー上に映し出される。たくさんの荷物を積んだり、大人数が乗り込んだりして、後方視界が遮られるときにも安心だ。カメラの感度をアップさせれば、夜間でも明るく見え、雨天時でも水滴のないクリアな視界を得ることができる。