「柳澤さん、『1984年の佐山聡』を書かないんですか?」

平野啓一郎×柳澤健【特別対談・後編】
現代ビジネス編集部 プロフィール

実に厄介なねじれ

平野 確かに大道塾がそのままPRIDEに発展することはなかったし、K-1だって、極真からすぐ出来上がったわけではない。興行形態の面とか含めると、間にプロレスを媒介しないとあれほどの競技、団体にはならなかったわけですからね。

柳澤 UWFについて調べていくうちに、佐山さんがUWFでやったことが、世の中から消されていることに気がついたんです。タイガーマスクに関してはたくさん出てますけどね。ルールもシューズもレガースも、要するにUWFスタイルを作ったのは佐山聡なのに、世間では、UWFの中心人物は前田日明だということになっている。それを何とかしたかった、という気持ちはあります。

前田日明がこの本を読んで怒り狂うのは当然のことです。「新生UWFのルールは佐山とは関係なく、新たに組み直した。UWFがなければK-1もPRIDEもなかった。格闘家を食えるようにしてやったのは俺だ」とする自分の歴史観を完全に否定されたわけだから。最近になって、僕の本が出たあと、「新生UWFのルールは佐山さんに許可をもらって使わせてもらった」と言ってるみたいですけど、昔はそんなことはひとことも言ってません。

平野 柳澤さんのことは「修斗系ライター」と評してましたね(笑)。

 

柳澤 まったく(苦笑)。僕はむしろ「広田さくら系ライター」ですよ。女子プロレスラー、旧姓・広田さくらファンクラブの会長なんですから。

当時の雑誌を読むと、前田日明は「俺はガス灯時代のプロレスに戻したい」と言っている。さらに、自伝『パワー・オブ・ドリーム』では「俺がやりたいのはスポーツではなく武道だ。武道にルールなんかいらない」と。でも、だったらシューティングシューズとか、レガースを着用する必要はない。

平野 それはやっぱり、佐山さんが始めたことですからね……。

柳澤 ルールだってそうですよ。佐山聡の思想を否定するなら、それはそれでいい。でも、新生UWFは、結果として佐山の作ったルールを戴いているわけでしょう。「それってズルくない?」と思うわけです。

平野 つまり、結果として、佐山さんの思想の影響からは離れられなかったと。

柳澤 はい。前田日明には格闘技に関する憧れはあっても思想はない。佐山聡の思想をなぞっただけです。しかし、新生UWFが佐山の思想をなぞったことで、佐山聡とシューティングにとっては面倒なことになるんですよ。自らの思想を模倣した新生UWFはプロレスであるがゆえに派手で、新日本プロレスのリングに上がっていたことで、テレビの宣伝効果もあって人気が爆発してしまったから。

一方で、佐山聡本人が創設した真剣勝負のシューティングは、地味でほとんど注目されない。真剣勝負を謳いながら実際はそうではないUWFが、真剣勝負のシューティングを駆逐する、という実に厄介なねじれが生じてしまった。

平野 そこから今度は、UFCやグレイシー柔術が登場することによって、UWFというアイディア自体が駆逐されることになるというのも、皮肉な巡り合わせですね。

柳澤 はい。UWFの歴史は、前田日明の人間的な魅力とは別に語られるべきものなんです。

平野 本のタイトルを『1984年の佐山聡』にしようとは思わなかったですか?