大炎上したテレビ朝日「ビキニ事件とフクシマ」番組を冷静に検証する

悲劇を報道に「利用」するのではなく

そもそもなぜ「炎上」したか

『ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図』

テレビ朝日は8月6日、かつて広島に原爆が投下されたこの日に放送した特別番組『ザ・スクープ スペシャル』に、放送前の段階で、当初このようなタイトルを付けていました。

番組の予告を見ると、戦後、米軍による度重なる核実験・水爆実験にさらされたビキニ環礁近傍の住民に関して、以下のような解説がなされていました。

(住民は、水爆実験後)除染が済んだというアメリカの指示に従って帰島。しかし、その後甲状腺がんや乳がんなどを患う島民が相次ぎ、女性は流産や死産が続いたそうです。体に異常のある子供が生まれるということも〉

福島では現在、除染の完了などによる避難指示解除に伴って、「帰福島」が進みつつあリます。しかし、このような内容の番組のタイトルに「フクシマ」を冠することは、明らかに被災地への当てこすりであり、「政府を信じて帰還したら、お前たち福島県民もこういう運命になる」という「呪い」をかけようとする意図があったことは明らかです。

そうでなければ、「ビキニ環礁と福島では、放射性物質による被曝量がケタ違いに異なる」といった前提条件を無視してまで、この文脈で「フクシマの未来予想図」などというサブタイトルを付ける理由はないでしょう。

番組には、予告の時点で多数の批判が寄せられました。その結果、番組のタイトル、また番組HPから何の告知もなく「フクシマの未来予想図」などの文言が削除される事態となったことは、ご存知の読者も多いかもしれません。

削除の理由については、報道によると「誤解を生じかねないと考え削除することにした」というテレビ朝日のコメントのみが出されており、何故このようなサブタイトルを付けたかなどの説明はもちろん、福島県民に対する謝罪も一切ありませんでした。

そもそも「誤解を生じる」とは、何に対する「誤解」なのでしょう?

視聴者は、なんら「誤解」などしていません。テレビ朝日は、前提条件が全く異なる二つの問題を並べて視聴者の誤解を誘い、被災地への「呪い」をかけようとした──。そのような番組の意図を誰もが正確に読み取ったからこそ、このような騒動を招いたのです。

この経緯は、実際の放送前から福島の地元紙福島民友新聞でも社説で批判的に言及されました(http://www.minyu-net.com/shasetsu/shasetsu/FM20170803-193215.php)。

本当に「誤解」があるというのなら、テレビ朝日は何がどう誤解されているのか、説明責任を果たすべきでした。都合の悪い部分だけをこっそりと改竄してダンマリを続けた同社の対応を見れば、寄せられた多くの批判が的を射ており、反論すら出来ないのだと見なされるのは当然と言えます。

では、番組の内容はどうだった ?

前述した通り、この番組は本編内容の是非以前に、タイトルと番組予告の時点で福島への偏見を招くものであったため、多くの批判にさらされ炎上しました。ただ、中には「番組を見てもいないうちから批判するな」「言論の弾圧だ」などという声も同時に挙がりました。

それでは、実際の番組内容はどのようなものだったのでしょうか。

 

まず、本編を通して見た際に、少なからぬ視聴者が「扇情的な番組だ」と感じたのではないかと思います。全編を通じて、「情報工作」「隠蔽」「陰謀」「人体実験」といったおどろおどろしいキーワードが強調され、レポーターも不安を煽るかのようにむやみに大声を出すなど、感情に訴えかけようとするシーンが目立ちました。

反面、数値的な事実や根拠の提示は弱い。これは、今まで福島関連の報道についても散々指摘されてきた傾向です。以下、番組の内容をひとつひとつ具体的に検証してゆきたいと思います。