photo by iStock

男性の社内政治により「コイツには何言ってもいい系女子」は作られる

一般職女子は丁寧に扱い総合職女子は潰す

なぜ総合職女子がいじられるのか

金融機関、一部メーカー、商社などザ・日本の大企業において、「総合職女性」とは、二重の意味で少数派だ。

雇用機会均等法施行後の状況を均等法世代の女性に聞くと、申し訳程度に採用されたものの総合職とは名ばかりでお茶出し、コピー取りからスタートしたというエピソードには事欠かない。

その後も、女性の四大進学率が上昇し、かつ就職氷河期が終わり、総合職採用のうち3割など、まとまった数で女性総合職が採用されるまでには2005年ごろまで待たねばならない。このころ入社した世代が出産を迎え育休を取る前後に様々なジレンマに直面する様子を描いたのが拙著『「育休世代」のジレンマ』だ。

 

しかし、出産するしない以前に、近年急増しているこの「総合職女性」はまだまだ職場にとって異質な存在であるようだ。「コイツには何言ってもいい系女子」のヒアリングを進めていくうちに、一般職が残る職場で、執拗に総合職女性が男性からいじられる事例を聞くようになった。

もちろん、前回記事のアキラさんのように総合職女性同士で比べられる事例もある。一般職女性がハラスメントの対象になることもあるだろう。しかし、名前や役割を変えながらも「一般職」的な採用を続けている企業の中では、総合職女性は、総合職における少数派、そして女性における少数派になることが多い。

その狭間に位置しながら、彼女たちは一般職と総合職男性の間の中途半端な存在、あるいは、両方の機能を求められる存在になっている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら