〔PHOTO〕gettyimages

アウディA8でついに自動運転「レベル3」が実用化されるが…

消費者は「半自動運転」で満足なのか?

運転中に仕事や遊びができる

独アウディが来月上旬にお披露目する高級セダン「A8」(2018年発売モデル)で、「レベル3」と呼ばれる中間段階の自動運転技術が実用化される見込みだ。

自動運転は一般に「レベル1(ドライバー支援用の極めて限定的な自動運転)」から「レベル5(ドライバー不要の完全自動運転)」まで5段階に分類される。これまで米テスラや独ダイムラー、BMW、スウェーデンのボルボ、さらには日産自動車などが実用化してきたのは、どれも「レベル2」と呼ばれる段階の技術だ。

レベル2は基本的に「高速道」での利用を前提とし、そこでの車線キープや自動ブレーキなど一部運転を自動化できる。ただし自動運転中でもドライバーはハンドルに軽く手を添え、(急な天候の悪化や道路上のトラブルなど)何か問題が生じたときには必ず自分で運転できる態勢を整えておかねばならない。

日産自動車の「プロパイロットシステム」〔PHOTO〕gettyimages

レベル3では、そこからさらに一歩進め、高速道での「手放し運転」を可能にする。これによりドライバーは自動運転中に、スマホからメールを出したり書類を読んだりすることができる。あるいは気晴らしにビデオ・ゲームなどもできるようになる。

つまりクルマで移動中に仕事や遊びができる、かなり本格的な自動運転へと進化する(ただし各国の交通法などにより、技術的には可能でも実際には禁止されるかもしれない)。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら